すぐ使える!グループディスカッションの役割ごとの対策法【司会・書記・タイムキーパー】

グループディスカッションの役割別戦略

グループディスカッション(GD)では、どんな役割が有利なのか?というのは就活中の学生から非常によく聞かれる相談です。「司会をすると、通る」「司会をすると、逆に評価が下がる」等、様々な噂がありますよね。

では、どんな役割をやるのがよいのでしょうか?結論を言いましょう。

最も有利な役割は、「あなたの得意な役割」

「自分が得意な役割」をやりましょう。

 なぜ得意な役割をやるべきなのでしょうか?それは、グループディスカッションの採点基準が「議論に貢献できるか」だからです。そのチーム内で自分が最も議論に貢献できそうな役割を探し、その役割を通して議論に貢献するのが最も正しい選択になるのです。

司会が目立ちやすいといっても、苦手なら無理をしてやらないほうがいいです。それよりも、書記などの役割で、影からチームを支える方が良いかもしれません。

司会が得意だとしても、もっと司会が得意な人がいるなら、その人に役割をゆずり、別の役割でサポートをするべきでしょう。

では、得意な役割を見つけたとして、その役割下で、どのように振舞えばよいのでしょうか?役割別に解説します。

司会

司会の役割は議論を整理・活性化することです。議論を仕切るのではありません。リーダーとは違います。

意見を引き出そう

司会はチームを活性化させ、議論を生産的なものにする必要があります。そのために

  • 人の意見は相槌を打ちながらしっかり聞く
  • 発言をしていない人に適宜話をふる
  • 「〜という観点の意見は出たけど、〜という観点の意見もあるんじゃないかな?」と、議論の欠点を指摘し、メンバーからアイデアを拾う

などを意識すると、メンバーに信頼される司会になれます。

まとめ段階では、論点を整理しよう

また、議論がまとめフェーズになった時は、

みなさんの意見には大きく、Aという意見、Bという意見があると思います。二つの意見の対立点はCという点だと思います。このCという点を解決するアイディアを考えていきませんか?」

といように、議論をまとめるための発言・思考を促していきます。

書記

実はとても議論に貢献できる役割です。

でも、書記が意見をまとめていけば、それを見ながら議論が出来ます。だから、実は書記は議論に貢献できる役割なのです。内気な人にも向いているポジションです。あなたの書いた用紙をメンバー全員が見るので、間接的に議論を支配できます。

具体的には、以下を心がけましょう。

  • 出たアイデア・意見の共通点を見つけ、同種の意見をグループ化してまとめる
  • 意見の対立点をわかりやすく書き出す
  • プレゼンで発表しやすいように、板書をまとめていく
  • 書記だとしても、「今まで出た意見はこうまとめられるよね」等の発言をすること。発言をしないと、採用担当の印象に残らない

ただ、出た意見を書き出すだけではなく、同じタイプの意見をまとめてみたり、意見の対立点を書きだしていったりしていけば、司会以上に議論に貢献できるでしょう。

監視者

議論の進行がずれないように監視する役割です。チームが誤った方向に行くのを防ぎます。少ない発言数でも一目置かれるポジションです。

  • チームが議論のプロセスを決めないまま議論をしだしたら、止めて、まず時間割をつくらせる
  • 制限時間を越しそうになったら、止めて、まとめを促す
  • 議論が誤った方向に行きそうになったら「〜という視点で考えてみるのはどうかな?」と議論の呼び水を出して、修正する

このように振る舞えば、少ない発言数でも議論に貢献できます。

周りをまとめるのは苦手だが、冷静な視点には自信のある方におすすめです。

タイムキーパー

議論の時間を管理する役割です。ただ、これは専任でやる必要はありません。なぜなら、たいした負担がないからです。書記や司会、監視者の役割と兼任でやりましょう。時間以内に結論を出せるようにチームメンバーに働きかけます。

たとえば「議論が盛り上がっているところ申し訳ないのだけど、もう最初に決めたまとめの時間にはいっているので、意見の対立点と合意点を書きだして、チームの結論を出す方に集中しませんか?」と働きかけていきましょう。

 このように役割の特色を理解してグループディスカッションに取り組めば、チームの議論に貢献することが出来るでしょう。

自分の役割をみつけよう

このような点を意識すれば、グループディスカッションを攻略するのは簡単です。議論のデザインを最初につくりあげ、積極的に周りの話を聞きながら主導権をとり、議論に貢献しましょう。

得意な役割であれば、なんでもよいので、無理に司会をやろうとせず「議論に貢献する」ことだけを考えて、ディスカッションに参加してください。

人生においても重要なことです。「他に比べて、自分が人に役立ちそうなところを探る」「役割に徹する」ことは。グループディスカッションで、その状況に応じて、貢献すべき役割を見つけて下さい。それは、おそらく就活が終わった後にこそ、輝く能力です。

リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

リクナビだけの登録で満足していませんか?実は、リクナビよりも効率的に大手企業の内定に近づける就活ツールがあるのです。

プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」優良企業から選考のオファーがもらえるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
リクナビだけでは駄目!大手企業から選考のオファーが届く神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。