キミスカの評判はどうなの?不満点も含めて本音でレビュー

kimisukaicatch

スカウト型就活サイト「キミスカ」は、プロフィールを書いておくだけで、企業から選考のスカウトが貰える就活サイトです。本命度の高い企業と出会えるので、最近、就活生の間でも利用されるようになってきています。

でも、「本当に大丈夫なの?使えるの?」と心配な方もいるかもしれません。そこで、実際にキミスカを利用した人の口コミツイートを元に、不満点も含めて「キミスカは使えるのか?」を本音レビューしていきます

不満点もしっかり書いたので、この記事を読めば、自分がキミスカを使うべきかどうかが判断できるはずです。

キミスカを使って良かった点3つ

プロフィールを書いておくだけで、選考のスカウトが届く


キミスカは、スカウト型の就活サイトです。プロフィールを書いておけば、それに興味を持った企業があなたに選考のスカウトを出してくれます。最初にプロフィールを書き込むのは少し面倒ですが、それさえしっかり書いておけば、かなり多くの企業から本命のスカウトが届きます。

企業はスカウトを出すごとにお金を払っています。ですから、本名のスカウトが来た場合は、企業はかなりあなたに興味を持っていると言うことです。リクナビから企業を探して受けるよりも、キミスカで、企業側から興味を示してくれる企業を受けた方が、当然内定の確率は高くなります

プロフィールを書いておくだけで、内定可能性が高い企業と出会えるので、就活がぐっと効率的になります。

大手企業からもスカウトが来る

キミスカには、NTTデータやキリン、毎日新聞、ロート製薬などの大手企業が数多く登録しています。プロフィールをしっかり書いておけば、これらの企業から選考のスカウトをもらい、一気に内定に近づくことができます

スカウトは、3月の選考開始前から来るので、他の就活生に先駆けて内定に近づくことができるのです。

適性検査の精度がやたら高い

キミスカには無料で使える適性検査のテストがあります。このテストは150個の質問に答えて自己分析をする非常に本格的なテストで、精度が非常に高いです。

上に引用したツイートのように、「お金にしか興味がない」「変化を嫌う」など、あなたにとって都合が悪い部分もしっかり分析してくれます。自己分析をすると良い点には気がつけても、悪い点にはなかなか気がつけないものです。

しかし、キミスカの自己分析は悪い部分もしっかり答えてくれるので、自己分析が非常に簡単になります。このためだけでも使う価値があるでしょう。

キミスカを使って感じた不満点2つ

imasia_11404140_S

もちろん、良い点ばかりではありません。悪い点あります。以下では、利用していて感じたキミスカの不満点をしっかりデビューしていきます。

希望の職種からスカウトが来るとは限らない

キミスカは、スカウト型就活サイトです。人事があなたのプロフィールを読んで、気にいった場合に選考のスカウトをくれます。だから、あなたが興味がない企業や業種からスカウトが来る場合も多く、興味がない企業からスカウトが来て鬱陶しいなと思う場合もあるかもしれません。

もちろんスカウトは拒否できるので、興味がない企業からスカウトが来た場合はスカウトを拒否すれば良いのですが、そのやり取り自体がめんどくさいと感じる人もいるかもしれません。これはスカウト型就活サイトの「キミスカ」特有のデメリットといえるでしょう。

メールが結構、頻繁にきてやや鬱陶しい

キミスカはしっかりプロフィールを書くと、かなりたくさんの企業からスカウトのメールが届きます。特に就活ピークの時期は非常に多くの量になります。

良い方に言えば、たくさんの企業との出会いの場が増えるともいえます。しかし、忙しい時期に興味のない企業からメールが来るのが鬱陶しいと言うデメリットでもあるでしょう。

キミスカはどんな人にオススメ?

キミスカには、「興味がない企業からスカウトメールが来て鬱陶しい」というデメリットもあります。必ずしも自分の希望職種からスカウトが来るわけではないので、「私は商社一本」「広告業界にしか興味がない」という人には向いていないかもしれません。

しかし、「プロフィールを書いておくだけで、内定可能性の高い企業に出会える」「適性検査で自己分析の精度を高められる」という大きなメリットもあります。

「効率よく内定に近づきたい人」「多くの企業・業種を見ておきたい人」「自己分析の精度を高めておきたい人」にはオススメできます。

キミスカを活用して、内定への最短距離を走りましょう。

⇒30秒で完了!キミスカの無料登録はこちら