就活で出遅れてしまった人必見!就活の出遅れを挽回する4つの方法

imasia_15432350_S

「6月1日から面接開始ならまだ大丈夫だよね…」とゆっくり準備をしていたら、周りが内定を獲得し始めている…「あれ、出遅れたのかな」と焦っていませんか?

面接の解禁は6/1日ですが、中小企業や外資系企業はそれよりも前に内定を出しています。また、他の大企業も5月には、内密に面接をし、「6月1日に来てくれたら面接を出すよ」と内定の約束を出していることが多いのです。

実際、リクナビの調査によれば、6月1日時点で51%の就活生が内定を保有しています。だから、4・5月の時点で選考を受けている企業がないなら、やや出遅れているといって過言ではありません。

でも、大丈夫。効率的に就活をすれば、就活に出遅れても挽回することは十分に可能です。そこで、就活の出遅れを挽回するコツを徹底的に解説いたします。

1.今からでも受けられる企業を探していこう

imasia_13591612_S

実は、多くの企業のエントリシート締切日は「3月下旬〜4月初旬」に集中しています。3月1日開始になったら、すぐにエントリーをしないといけないのですね。

だから、5月くらいにボチボチ始めればいいかな、としていると、お目当ての企業のエントリーが締め切られている場合があります。

就活カレンダーを使って、今から受けられる大手を探す

では、今から受けられる企業を探すにはどうすればよいのでしょうか?

このサイトの「就活カレンダー」は大手企業のエントリシート締切日をまとめて掲載しています。このカレンダーで、気になっている企業のエントリシート締切日を把握しましょう。まだ時間に猶予がある企業が見つかるはずです。

例年の傾向でいうと、採用人数の多いメガバンクやメーカー、システム開発会社は長期に渡って採用活動をしています。出遅れてしまった場合には役立つでしょう。

志望業界をザックリ決めて、どんどん受けていく

中には「そもそも志望企業・業界が決まっていないので、動き出せない」と悩んでいる人もいるかもしれません。しかし、2018卒の就活は短期決戦なので、ゆっくりしていると、志望企業の選考が終わってしまうリスクがあります。

やりたいことがない場合は「消去法」でもOKです。たとえば、「個人との人間関係をつくっていく個人営業は無理。法人営業で」「ノルマがあるのはキツイ。ルート営業にしよう」「金融系は上限関係がキツそうだから外す」このように、消去法で決めていくと、意外とすんなり志望業界が絞り込めます。

志望業界をザックリ決め、色んな企業を見ていけば、そのうち「これは本当に興味があるかも」という仕事が見つかるものです。消去法でザックリ志望業界を決め、どんどん企業を受けていきましょう。

あまりこだわりすぎず、バンバン受けていこう

出遅れている人は、他の就活生に比べて、面接を受けた経験が圧倒的に不足しています。だから、あまり選り好みせず、バンバン受けていきましょう。もし、気に入らなければ、内定を蹴れば良いのですから、最初からこだわっても仕方ありません。

選り好みをせずに、バンバン企業の説明会に参加、面接に参加していけば、面接も上達しますし、朧気ながら「こういう仕事がしたい」というビジョンも見つかるでしょう。「とにかく行動」です。

2, 自己分析は後回し。最速でエントリシートを完成させよう

imasia_11059297_S

「就職はまず自己分析から」と言われていますが、出遅れている場合は、自己分析をしっかりやっている時間はありません。その前に、企業のエントリシート締切日が終わってしまいます。挽回するためには、「とりあえず、それなりのエントリシートを書けるようにしておく」必要があります。

最速でエントリシート対策&自己分析ができる、おすすめ書籍

エントリシート対策本としては「内定勝者…私たちはこう書いた エントリシート編」がオススメです。豊富な内定者のエントリシート例をもとに「どう書けば内定するのか」を習得できます。

この本では、エントリシートの材料集めのために簡単な自己分析シートもついています。4〜5時間で終わる分量ですが、十分、就活に必要な自己分析を終えられます。

この本でしっかり対策をすれば、2〜3日程度で、書類選考通過レベルのエントリシートは書けるようになります。すぐに対策に入りましょう。

3.筆記試験対策は何をしておけばいい?

imasia_15480393_S

書類選考に通っても、筆記試験に落ちると、面接に進めません。だから、最低限の筆記対策はしておく必要があります。筆記の形式は様々ありますが、特に頻出なのが「SPI」「玉手箱」の2つです。

頻出テスト形式の「テストセンター」「Webテスティングサービス」は「SPI」と同じ問題傾向なので、SPIを対策しておけば事足ります。

また、「玉手箱」は、多くの企業のWebテストとして課されているので、これを対策しておけば、かなりの企業に応用可能です。最優先事項として、「SPI」「玉手箱」をやりましょう。

おすすめの書籍は「SPIノートの会」

参考書は、SPIノートの会シリーズが間違いないです。イラストつきでわかりやすい解説があり、ゼロから短期間で筆記試験の対策ができます。このシリーズの「SPI3」「玉手箱」をこなしておけば、最低限の対策は済ませられます。

4.模擬面接を受けてみよう

imasia_12354201_S

出遅れていると、面接の練習をする間もないまま、志望企業の本番面接に突入してしまいます。練習をしないまま、ぶっつけ本番では良い結果は期待できません。他の学生が、中小企業などで面接を練習しているのに比べると、不利になってしまうでしょう。

キャリアセンターで模擬面接を受けよう

面接の練習をするために、大学のキャリアセンターで模擬面接を受けてみましょう。キャリアセンター職員に「面接が不安なので、模擬面接をしたいのですが」といえば、喜んで対応してくれます。

キャリアセンター職員は、必ずしも人事経験者ではありませんが「言葉遣い」「身だしなみ」「話し方」「話が長すぎないか?」「質問に答えられているか?」など、最低限のチェックはしてくれます。これを押さえておくだけでも、大分、企業の面接に受かりやすくなります。

ガンガン活用して下さい。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がそろそろ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。