「就活が終わらない」と焦る人必見!効率的に内定に近づく3つの方法

happy successful business man

友人が内定をもらう中で、自分がなかなか内定がもらえないと「就活が終わらない、どうしよう」と焦ってしまいますよね。周りが就活を終え、旅行や飲み会など、学生生活を満喫している中で、自分だけリクスーを着ていると、「どうしよう」という気持ちが募ってしまうものです。

でも、大丈夫。就活序盤で内定がもらえなくても、後半で挽回可能です。「就活が終わらない」と悩む人が効率的に内定に近づく方法をまとめてご紹介します。

1.自分の弱点を検証してみよう

分析

就活で内定が出ずに苦戦しているなら、何かしらの「失敗の原因」があるのかもしれません。失敗の原因をそのままにしていては、今後の内定もおぼつかないでしょう。そのため、「他人の客観的な視点」で自分の弱点を把握する必要があります。

エントリーシートが弱点なら

書類選考で落ちてしまう場合、あなたのエントリーシートに何らかの問題がある可能性があります。しかし、一生懸命書いたものであるほど、その問題点には気がつけないものです。

ESの問題点をみつけるため、内定者の先輩や、社会人の先輩、キャリアセンターの職員に、エントリーシートの添削を頼みましょう。より幅広い視野でのアドバイスをもらうため、複数人に頼むのが理想です。

他人の視点で添削してもらえば、自分では気がつけない弱点に気がつけるものです。書類選考で落ちるなら、必ず「エントリーシートの添削」をお願いしましょう。

もし、仮に、全員に「良く書けてるよ」と言われるなら、「書類選考の厳しい、超人気企業ばかり受けていないか?」を自問してみましょう。

面接が弱点なら

面接の弱点は、エントリーシート以上に自分では気がつけないものです。面接の会場には、鏡がありませんから「表情が暗い」「猫背」などの欠点は、なかなか把握できなのですね。面接の弱点を探るには、模擬面接を受けるのが一番です。大学のキャリアセンターで頼めば、簡単にできます。

模擬面接を担当するキャリアセンター職員は必ずしも採用のプロではありませんが「表情が暗い」「早口」などの基本的な弱点を把握するには十分です。必ず活用して下さい。

より本格的な面接指導が受けたいなら、新卒用の就職エージェントを使うと良いでしょう。新卒エージェントとは、登録した学生に、エントリーシート・面接の指導、および希望条件にあう企業の紹介をしてくれるサービスです。利用すれば、新卒就活に強いエージェントが模擬面接をしてくれます。

新卒向けのエージェントなら、転職大手のインテリジェンスが運営する「DODA新卒エージェント」をオススメします。経験豊富なエージェントが就活指導をしてくれます。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

2.内定しやすい企業を探してみよう

imasia_14213985_S

就活では「たくさんの企業を受ける」のも大事ですが、「自分が内定する可能性が高い企業」を受けるのも重要です。三菱商事、三井物産のような難関企業ばかり受けていては、決まるものも決まりません。そこで、就活序盤でつまづいた時に有効な3つの選択肢を紹介します。

大学の求人票にあたる

「大学の就職課に求人が着ている企業」を優先的に受けてみましょう。人材コンサルティング会社のHRプロの調査によれば、ほとんどの企業は「採用ターゲット校」を決めています。採用ターゲットから外れていると、なかなか内定は出ません。

「学歴が高いから、どこも採用ターゲットでしょ?」と考えてはいけません。中小企業などでは、「学歴が低い社員が多いから、高学歴の若者に来られると使いにくい」等の理由で、高学歴の学生を敬遠しているところもあるからです。

大学に求人が着ているなら、「採用ターゲット校」なのは確実です。リクナビで採用ターゲットになっているかわからない企業を受けるよりも、ずっと内定可能性が高くなります。

スカウト型就活サービスを使ってみる

スカウト型就活サービスを使うと、「自分を求めている」企業に出会いやすいです。スカウト型就活サイトとは、プロフィールを登録すると、企業の方から選考のオファーをくれる就活サイトです。

「企業があなたに関心を持っている」状態がスタート地点できるので、ナビサイトで求人を探すよりも、「自分を求めている」企業に出会えます。当然内定可能性も高くなるでしょう。

スカウト型就活サイトは様々ありますが、ネスレや日清食品などの大手企業も利用している「OfferBox」がおすすめです。

学生に人気がない「隠れた優良企業」を探してみよう

三菱商事、電通、JTB、味の素…これらの人気企業は数万人の学生が応募するため、優秀な学生でも落とされてしまいます。難易度の高い人気企業ばかりを受けていては、なかなか内定も決まりません。

就活の後半戦では「BtoB企業」を探してみましょう。BtoB企業とは、企業間でビジネスをしている会社(例…化学素材のメーカー)です。「日清」のような誰でも知っている会社は、みなが受けるので難易度が高くなりますが、BtoB企業は知名度がない所が多く、選考の難易度が高くありません。

優良BtoB企業を探すには、「新しい日本の業界地図 みんなの知らない超優良企業」という本が便利です。「機械同士をつなぐ配管の製造で世界シェア1位。業績が右肩上がり」などの、いぶし銀企業を数多く紹介しています。これらの企業は地味なため、学生に人気がなく、長期で採用活動を続けている会社が多いです。

これらの方法を使えば、内定がなかなか決まっていない時からでも、十分挽回可能です。

3.就活で焦るのは禁物!ゆっくり納得のいく選択を

imasia_13178431_S

内定が早いから偉いわけではない

「周りが内定を決めて遊んでいるのに、自分だけ就活している」と焦りますよね。けれど、大事なのは「内定を決めること」ではなく、「将来、どういうキャリアを歩むか」です。大手企業に内定しても将来安泰とは限りませんし、まして「早く決まったから」将来が明るいわけもありません。

むしろ、じっくり就活をして、ちゃんと将来を見据えて、上で紹介したような「隠れた優良企業」に内定すれば、下手な人気企業に内定した人よりも、良い職業人生が歩めるかもしれません

「早く決めたから偉い」わけではありません。だから、内定が決まらなくても焦ららないで下さい。

焦るのが一番いけない

「内定を決めよう、決めよう」とすると、焦ってしまい、面接にも出てしまいます。表情が暗くなり、声が小さくなって、自信がない様子が出てしまうのです。自信がない態度では、なかなか内定は決まりません。

「この商品はいまいちかもしれませんが、買って下さい」という営業マンから商品を買いたい人はいないのです。

「ゆっくり吟味して会社を決めよう。受からなければ就職留年してまえ!」くらいの開き直りで就活にチャレンジしましょう。下手に焦るよりもずっと良い結果が出るはずです。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。