就活って何から始めればいいの?まず最初にやっておくべき5つのこと

imasia_10896251_S

就活が本格的にはじまったけど、「就活って何から始めればいいの?」とわからず、戸惑っていませんか?就活はやるべきことが多すぎて、何から始めればいいかわからず、途方に暮れてしまいますよね。

そこで、何をすればいいかわからず悩む就活生のために、「就活が始まったら、まずやっておくべき5つのこと」をご紹介します。最低限、この5つのリストをこなしていけば、就活で出遅れることはありません。

「何をすればいいの?」と悩む人も、これを読めば、今の自分がやるべきことが一発でわかります。

1.まずはリクナビ・マイナビに登録しておこう

imasia_15033113_S

就活を始めるには、ナビサイトの登録から始めましょう。ナビサイトで企業にプレエントリーをしておくと、説明会やエントリー締切の情報が通知されるようになります。

逆にいえば、ナビサイトでプレエントリーをしていないと、説明会やES締切の情報を見逃し、選考が受けられなくないリスクもあるのです。

最低でも、リクナビマイナビの2つには登録しておきましょう。この2つに登録しておけば、ほとんどの主要企業は網羅できます。

プレエントリーだけでも済ませておく

ナビサイトに登録すると、ワンクリックで「プレエントリー」ができるようになります。プレエントリーをしておくと、説明会の開催やエントリーシートの提出などの連絡事項があったときに、通知されるようになります。

プレエントリーをしていないと、大事な志望企業の選考情報を見逃すことにもなりかねません。少しでも気になる企業にはプレエントリーをしておきましょう。

2.企業のエントリシート締切日を確認しておこう

imasia_14213994_S-2

「3月1日にナビサイト解禁だから、そこからボチボチ自己分析をしていこう」と考えていると、エントリシート提出前に間に合わなくなってしまう可能性があります。というのも、企業のエントリシート締切日のピークは3月下旬〜4月中旬と、意外に早いからです。

のんびりしていると、エントリシート提出に間に合わなくなってしまう可能性があります。就活のスケジュールを立てるためにも、「いつが締切なのか?」がわかっていなければ、スケジュールの立てようがありません。必ず気になる企業の締切日を把握しておきましょう。

以下のサイトでは、主要な企業の日程がまとめて把握できます。(2017年のデータですが、2017と2018はスケジュールが同じのため、同様になる可能性が高い)

⇒エントリシートの締切日一覧はこちら

3.自己分析をして、「就活の軸」を見つけよう

imasia_14619402_S

受ける企業を決めるためにも「どういう方向で就活をするのか?」という軸を見つけなければなりません。軸を見つけるには、自己分析が必要です。

「自分はどんなことに喜びを感じるのか?」「逆に、どんな環境は絶対に嫌なのか?」「自分が人より得意なことは何なのか?」「苦手なのは何か?」を考えて、受ける企業の方向性を見つけて下さい。

オススメの書籍は「サプライズ内定」です。学歴がなくても人気企業への内定を多数輩出したセミナーで教えていた「自己分析法」がわかりやすく解説されており、短期間でも就活の軸が見つかります。1日程度で終わる内容なので、パットやって、軸を決めて下さい。

消去法で受ける企業を決めてもOK

「この業界行きたい!」という強い希望がない時は、消去法でも構いません。たとえば、「タテ社会は嫌だから金融はやめとこう」「接客はキツイからBtoCの営業は無理」「BtoBの営業ならなんとかできそう…」このように決めてもOKです。

ザックリ軸を決めて、動き出そう

とにかく受ける企業の方向性を早めに決めましょう。決めなければ、就活を始められないからです。最初は曖昧な軸でも説明会で話を聞いていけば、「この軸だ!」というのが見つかるもの。実際に動き始めれば、軸は定まってきます。

だから、最初は曖昧な軸でもOK。ザックリと軸を決めて、行動を開始しましょう。

4.可能な限り、沢山の企業の説明会に参加しよう

imasia_12931101_S

パソコンの情報だけでは見えてこないものが沢山あります。たとえば、会社の雰囲気や、どんな人が働いているのか…など。最初は興味がなくても、説明会で話を聞くと、自分のやりたいことに近かった…なんてことはよくあります。

様々な業界・企業の説明会に趣き、話を聞いていけば、「どんな仕事が向いていそうか?」「どんな仕事は向いていなそうか?」が段々と見えてきます。

様々な会社を見ておけば、志望企業の面接の時に「なぜこの会社でなければならないのか?」が説明しやすくもなるでしょう。逆に言えば、少ない企業の説明会にしか参加していないと、視野が狭い状態のまま就活をすることになってしまいます。

可能な限り、多くの企業の説明会に参加して下さい。

5.「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」を添削してもらおう

前述したように、3月の下旬からエントリシートの提出が始まります。この期間までに、エントリシートを完成させられなければなりません。

「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」はどの企業でも聞かれる内容なので、この2つの設問に対して、回答を作成してみて下さい。回答を作成したら、内定者の先輩、社会人のOB、キャリアセンターの職員に添削をしてもらいましょう。

自分の欠点にはなかなか気がつけないもの。欠点に気が付かないまま、就活をするのはリスクです。だから、早めに添削を受け、問題点を洗い出し、対策しましょう。

人気企業100社の内定者ESが無料で読める!就活生が読むべき神ES回答集

4月も後半になり、いよいよエントリーシート提出の時期。でも、「このESで本当に大丈夫かな…」と悩んでいませんか?

ESの書き方がわからない時は、内定者のESを参考にすれば良いのです。

就活サイト「キャリアパーク」では、「人気企業100社の内定者ES」が今だけ無料でダウンロードできます。金融、メーカー、商社、コンサル…主要な人気企業の内定者ESが網羅されているので、参考になるESがきっと見つかります。

内定者のESを参考にして、書類選考を突破しましょう。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で人気企業100社の内定者ESが読める!18卒就活生が読むべき神ES回答集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。