OfferBoxの評判はどうなの?実際に利用して不満点も本音でレビュー

スクリーンショット 2016-02-16 16.33.06

OfferBoxの評判がどうなっているか、気になりませんか?OfferBoxはプロフィールを登録するだけで、企業の方から選考のオファーをもらえる「スカウト型」の就活サイトです。リクナビとは違う逆求人型の就活サイトなので、興味を持った方も多いのではないでしょうか?

しかし、「本当に優良企業からオファーがもらえるの?」「自分とマッチする企業に出会えるの?」と疑問を抱く方もいるかもしれません。

そこで、現役就活生ライターの筆者が、Offerboxを実際に利用して、良い点・悪い点を本音でレビューいたします。

Offerboxを使って感じた不満点

imasia_14023777_S

ネットを見ると良い評判を見かけることの方が多いと思うので、まず不満点からご紹介します。

興味のない企業からもオファーがくる

Offerboxは、「プロフィールを登録しておくと、人事がそれを見て選考のオファーを出す」タイプの就活サイトです。このシステムのため、あまり興味のない企業からオファーが来ることもあります。

たとえば、私の場合、「自社でサービスを開発・運営している」IT系のベンチャーを志望していたのですが、他社のシステムを開発するタイプの会社からもオファーをもらいました。

システム開発会社にはあまり興味がなかったため、オファーを蹴ってしまいました。企業側から選考オファーを出すシステムなので、場合によっては「あまり興味のない会社からオファーが来て煩雑」ということにもなります。

Offerboxを使って良かったこと3つ

imasia_14213985_S

1.エントリーシートを書く練習になる

一番のメリットは「エントリーシートを書く練習になる」ということです。

前述したように、Offerboxは「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」等をプロフィールに書き、企業がそれを見て選考オファーを出すシステムです。

プロフィールがイマイチだと、あまりオファーが届きません。オファーが届かない場合、「じゃあ、別の経験をアピールしてみよう」「書き方を変えてみよう」とエントリーシートをブラッシュアップするキッカケになります。

書き方を少し変えるだけで、来るオファーの量がグッと増えます。企業の反応を見ながらプロフィールを修正していけば、気がつくと、あなたのESはより良いものになっているはずです。

2.志望業界を広げるキッカケになる

プロフィールを登録しておくと、本当に様々な業界の会社からオファーが来ます。様々な会社の選考オファーを受け、詳しい仕事の話を聞くと、志望業界を広げるキッカケになります。

たとえば、私は営業という職種には興味がなかったのですが、選考のオファーをくれたネット広告代理店の話を聞き、「様々なネット広告・媒体を駆使して、クライアントの広告効果を最大化する提案をする」ロジカルな仕事だと知り、ネット広告が志望業界の1つになりました。

志望企業・業界を広げるには、様々な会社から選考オファーが来るOfferboxはうってつけです。

3.内定の可能性が高い企業に出会える

内定の可能性が高い企業に出会えるのも大きなメリットです。就活生のプロフィールを見て、気になる就活生に選考のオファーを出す形式なので、自分に本当に関心を持ってくれる企業に出会えます。

私はITベンチャーでインターンをした経験をプロフィールに書いておいたのですが、あるモバイルベンチャー企業がその経歴に興味を持ってくれ、非常に積極的にアプローチをしてくれました。

リクナビで漠然と企業を受けていっても、「自分を求めている」企業に出会えるかはわかりません。が、Offerboxなら「自分の経歴」を本当に評価してくれる企業と出会えます。

プロフィールを登録するだけで、内定可能性の高い企業とであるのは、Offerboxの大きなメリットです。

Offerboxはどんな就活生にオススメ?

Offerboxにプロフィールを登録しておけば、企業の特別選考ルートで早期から選考が受けられます。だから「早くから就活をスタートしたい」方にはうってつけです。

また、企業の方から選考のオファーを出してくれるので、志望企業・業界が決まっていなくても就活が始められます。「志望企業・志望業界がかっちり決まっていない」就活生にもオススメです。

早期に選考を受けたい方、志望企業がかっちり決まっていない方には、特別選考のオファーがもらえるOfferboxはかなりオススメできます。気になる方は使ってみましょう。

⇒30秒で完了!Offer Boxの無料登録はこちら