「やりたい仕事がない」就活生必見!やりたいこと無しでも内定する方法

Man Writing Success in Note Pad

就活をしていると「志望業界を決めるにしても、やりたい仕事がない」「やりたい仕事がないから、就活を始められない」と悩むことがありますよね。やりたい仕事が決まっていないと、就活の指針が見つからず、行動の仕様がありませんよね。

そこで、やりたい仕事が決まっていない就活生のために、やりたい仕事が見つかっていなくても、就活で内定を獲得する方法を解説していきます。

0.「やりたい仕事」は決まっていなきゃいけないの?

imasia_13591610_S

まず、結論からいうと、「やりたい仕事は決まっていなくても、内定はとれる」ものです。

マイナビの調査によれば、内定者の33%は、「内定先を蹴ろうと悩んでいる」ことがわかっています。つまり、多くの内定者が、やりたい仕事にはつけてないわけですよね。でも「内定はとれている」わけです。

「やりたい仕事」がないまま、内定をとっている人が大半

就職活動で内定をとるには、面接の場で筋の通った志望動機を言えればOKです。やりたい仕事がなくても、しっかり企業研究をして、「なぜこの企業で働きたいのか?」を語れれば、内定は出るものです。だから、内定をするために、「やりたい仕事」が決まっている必要はないのです。

たとえば、金融業界の志望者の多くは「金融の仕事は形のない金融商品を扱うので、自身の営業力が試される。その環境に魅力を感じる」と面接で語ります。でも「本当に、昔からそんな風に思っていた」のでしょうか?

筆者は早稲田大学出身なので、メガバンクの内定者の知人が何人もいますが、みな「就活がはじまったから、まぁ大手だし、給料もいいから、メガバンでも受けようかな」程度の動機で志望先を決めています。「なんとなく」で決めてから、筋の通った志望動機を用意しているだけなのです。

「後付の志望動機」でも十分内定はとれるので、無理に「やりたい仕事」を見つける必要はありません。

あまり「やりたい仕事」にこだわると、ドツボにはまる

やりたい仕事はそう簡単に見つかるものではありません。今まで20年以上、生きてきた中で、「やりたい仕事」が見つかっていないのに、就活だからといって無理やり「やりたい仕事」を見つけようとすると、かえって失敗してしまいます

なぜなら、それは「就活のために無理に見つけている、やりたい仕事」だからです。無理に見つけた「やりたい仕事」を目指して就活をしても、上手くいかないでしょう。

とはいえ、志望業界を決めていなければ、就活は始められません。だから、「なんとなく、この業界がいいかな」程度には、やりたい仕事を決めておく必要があります。では、どうすれば良いのでしょうか?

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

1.「やりたいこと」のヒントを見つける3つの方法

imasia_13853155_S

「やりたい仕事」をかっちり決める必要はありませんが、指針程度には「こういう仕事が向いているかも」は見えておいた方が良いです。以下では、自分に向いている仕事を見つける方法を解説していきます。

1.「どんな時に燃えたのか?」を振り返ってみよう

「過去に自分がどんな時に燃えたのか?」を箇条書きにすると、やりたい仕事のヒントが見つかります。

たとえば、私が就活をした時は、以下のように「過去に自分が燃えた時」を振り返りました。

[note]
  • 中学時代、壁新聞づくりに熱中して、学校で表彰された⇒自分の創意工夫が反映されることに喜びを感じるタイプなのでは?
  • 高校時代、受験勉強に熱中して、文系科目では全国で13位をとった⇒努力が目に見える形で反映される環境に喜びを感じるのでは?
  • 大学時代、小説の新人賞に応募するために、小説を書いていた時は、時間を忘れるほど熱中した⇒自分の創意工夫が反映されることに喜びを感じるタイプなのでは?
[/note]

このように「やりたい仕事」のヒントが見つかりました。ただ、私は、それを全部無視して、ブランドにひかれ、ある有名外資系企業に入社しました。

結果をいうと、その会社があわず、すぐに退社してしまいた。現在では「アイデア・創意工夫が反映され」「結果がわかりやすく数字で出る」小さなWebプロモーション会社を運営しています。収入的にも、仕事内容的にも、会社員時代よりも、自分にあっている仕事だと感じています。。

「自分がどんな時に燃えたのか?分析」は、意外と使える適職診断法です。人が一番パフォーマンスを発揮できるのは「燃えている時」です。自分が「どんな時に燃えるのか?」を理解し、それが実現できる仕事環境を考えてみましょう。志望業界を決める軸になります。

2.適職診断を活用してみよう

「自己分析とかめんどい」と思う就活生もいるでしょう。ザックリ適職診断をしたいなら、大手転職サイトの適職診断ツールを使うと良いでしょう。質問に答えていくと、その傾向から、あなたの適職を教えてくれます。

もちろん、あくまで「参考」程度にしかなりませんが、向いている仕事を見つけるヒントになるはずです。オススメの適職診断は、以下の2つ。

マイナビの適職診断「適職ディグリ」

60秒程度で簡単にあなたの適職を診断できます。「適職ディグリ」は、海外の適職診断で使われているエニアグラムをもとにした性格テストです。短時間で、あなたの性格のタイプと、向いている仕事、向いていない仕事を診断してくれます。

⇒マイナビの適職診断はこちら

リクナビの適職診断「グッドポイント診断」

リクナビNEXTが運営している、強み診断テストです。質問の回答をもとに、あなたの強み、それを活かせる仕事を教えてくれます。問題数も多く本格的なものなので、自分の適職を判断するには使えるテストです。

⇒リクナビのグッドポイント診断はこちら

3.「苦手そうな仕事・やりたくない仕事」を本音で洗い出してみよう

やりたい仕事はわからなくても、「やりたくない仕事」は、ある程度、見えているものです。たとえば、

[note]
  • ブラック企業だけは絶対に嫌だ
  • 上下関係が厳しい職場は無理。先輩後輩の結びつきが強い会社は自分には向いていない
  • 体育会系の社風なんて絶対に無理
  • ノルマの厳しい営業は、自分にはこなせないだろう
[/note]

このように「やりたくない仕事」なら、すぐに見えてくるものです。「やりたくない仕事リスト」をもとに消去法で、志望業界を絞り込んでいきましょう。

たとえば、「ノルマの厳しい営業は無理」という指針があれば、不動産会社や証券会社、銀行は志望業界から外せます。このように「やりたくない仕事」が見えていれば、志望業界を十分に絞り込めます。

2.やりたい仕事がなければ、条件面で探してもOK

imasia_14213983_S

さて、上のステップを踏んでも「やりたい仕事が見つからない」方もいるでしょう。そんな方はどうすれば良いのでしょうか?簡単です。「条件で決めればいい」のです。/p>

たとえば、「給料がいいし、安定してそうだから、インフラ業界を受けよう」「文系だけど、ガツガツした営業は出来ないから、決まった取引先を回る、部品・素材メーカーのルート営業にしよう」

このように「希望条件」から、やりたい仕事ではなく、行きたい企業・業界を決めれば良いのですね。

条件で探せば、「行きたい企業」はすぐに見つかる

「この条件なら働いてもいいかな」と条件を決め、その条件が実現できる業界を探していきましょう。

あるいは、上で紹介した「やりたくない仕事」に該当するもの以外の仕事を受けていくのでも良いでしょう。

受けることを決めたら、必死に企業研究をして、筋の通った志望動機を用意すればOKです。それで十分、内定はとれます。

3.実際に動いて、働いている人の話を聞いてみよう

imasia_14216042_S

机上で「こんな仕事が向いているのかな」と判断したとしても、その判断が正しいかはわかりません。机上の判断は、あくまで机上の判断です。だから、実際に働いている人の話を聞いて「自分にその仕事が向いているのか?」「興味が持てるのか」の判断をしましょう。

OB訪問をすれば、「なんとなく、興味あるなあ」程度の仕事だったものが「絶対にやりたい仕事」に変わるかもしれません。あるいは、「やりたい!」と思っていた仕事が、自分には向いていない仕事だとわかるかもしれません。

実際に働いている人の話を聞けば、紙上では手に入らない、生の情報が手に入ります。生の情報をもとに志望動機をつくれば、説得力のある志望動機が作成でき、内定がぐっと近づきます。

「興味あるかも」と感じた業界には、必ずOB訪問をしておきましょう。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。