例文でわかる!インターンシップの志望動機の書き方のコツ

imasia_14755246_S

インターンシップの志望動機が上手く書けずに困っていませんか?インターンシップ参加時には、自己分析もまだの学生が大半。だから、志望動機の内容が思いつかず、苦戦している方が多いのではないでしょうか?

でも、大丈夫。そんな就活生のために、わかりやすい例文をもとに、インターンシップの志望動機の書き方を徹底的に解説いたします!例文を参考にすれば、誰でも、説得力のあるインターンシップの志望動機が書けるようになります。

参考になる!インターンシップの志望動機の例文

まず、細かい解説に入る前に、インターンシップの志望動機の例文を読んでみましょう。例文を先に読んだほうが完成形のイメージがすぐに掴めると思います。

私はバンカーの仕事に興味があり、貴行のインターンシップに参加し、銀行の業務をより深く理解したいと考えております。

経済・金融に興味があり、学部は経済学部に進学し、ゼミでは金融学を中心に専攻しております。学業を進める中で、経済の信用創造を担い、経済に血を送り出す「銀行」の重要性を実感し、将来はバンカーとして働きたいと考えるようになりました。

しかし、実際に業務を経験したことがないため、どのようなやりがいがあるのか?どんな能力が求められるのか?が見えない状況です。

そこで、貴社の「バンカーの仕事をまるごと体験できる」というインターンシップ内容に興味を持ち、銀行の業務の一端を少しでも体感したいと想い、この度、応募致しました。

サマーインターンの対策は大丈夫?大学三年生のための対策ガイド
SPI image
今すぐ無料でダウンロード

1.「興味があること」+「インターンシップを通して得たいもの」

まず、最初に「なぜこのインターンシップに参加したいのか?」という結論から書き始めてください。ビジネス文章は結論先行が原則です。

少なくない就活生が、インターンシップの志望動機を「私は映像制作に興味があり、学生時代はこんな活動をしてきて〜」「私は記者の業務に興味があり〜」と「仕事に興味をもったきっかけ」から書き始めています。しかし、これでは「要するに何が言いたいのか?」がすぐに伝わらない。

文章をわかりやすくするんは、「結論先行」が絶対です。インターンシップの志望動機の結論は「なぜこのインターンシップに参加したいのか?」ですよね。それが一行目からわかるようにしましょう。

インターンシップの志望動機の結論はどうすればいい?

インターンシップの志望動機の結論としては、以下のような構成にすると良いでしょう。

私は◯◯に興味があり、貴社のインターンシップを通じて△△を学びたい

たとえば、例文では、

私はバンカーの仕事に興味があり、貴行のインターンシップに参加し、銀行の業務をより深く理解したいと考えております。

このようにインターンシップの志望動機を書き出しています。「興味があること」「インターンシップを通して学びたいこと」を志望動機のコアにすると、文章がすっとまとまります。

2.このインターンシップに興味を持った経緯を詳しく述べよう

ただ「銀行業務に興味があります」「記者の業務に興味があります」だけでは、あまり説得力がありませんし、熱意も伝わりません。書くだけなら、誰でもできるからです。

「◯◯に興味がある」という気持ちを上手く伝えるには、「その仕事・業界に興味を持つようになった経緯」を詳しく述べると良いでしょう。

たとえば、例文では、

経済・金融に興味があり、学部は経済学部に進学し、ゼミでは金融学を中心に専攻しております。学業を進める中で、経済の信用創造を担い、経済に血を送り出す「銀行」の重要性を実感し、将来はバンカーとして働きたいと考えるようになりました。

このように、「銀行の仕事に興味をもった経緯」を詳しく述べています。自分の体験から「その仕事に興味を持った理由」を詳しく述べると、あなたの本気度が伝わり、オリジナリティのある志望動機になります。

3.このインターンシップを通して、得たいものは何か?

インターンシップへの志望動機ですから「なぜこのインターンシップに参加したいのか?」が人事に伝わるようにしなければなりません。

「このインターンシップを通じて〜を得たい(学びたい)」と書くことで、インターンシップへの熱意を上手くアピールできるでしょう。

たとえば、例文では、以下のように書いています。

しかし、実際に業務を経験したことがないため、どのようなやりがいがあるのか?どんな能力が求められるのか?が見えない状況です。

そこで、貴社の「バンカーの仕事をまるごと体験できる」というインターンシップ内容に興味を持ち、銀行の業務の一端を少しでも体感したいと想い、この度、応募致しました。

これなら「なぜそのインターンシップに参加したいのか?」がすぐにわかりますし、仕事への積極的な姿勢もアピールできていますよね。

上手く書くには、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  • 実際の業務を体験したことがないため、〜がわからない
  • 貴社の「(インターンシップの内容)」に参加することで、◯◯を学びたい
  • と、文章を構成すると、上手くまとまります。

    まとめ

    インターンシップの志望動機は簡単です。3つのポイントを押さえるだけ。

    「志望動機は結論から書き始める(興味があること+インターンシップを学びたいこと)」⇒「仕事に興味を持った経緯を詳しく述べる」⇒「このインターンシップを通じて得たいことを具体的に述べる」この3つのポイントを押さえれば、インターンシップの志望動機は完璧です。

    あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート
    SPI image

    就活を始めたものの、「自分は、良い企業にちゃんと内定できるのかなぁ…」と少し不安ではありませんか?

    そんな時は、一度、あなたの「就活力(企業の内定を取る力)」をテストしてみましょう。

    就活サイト「キャリアパーク」では、20の質問に答えるだけで、「今の自分の就活力がどのくらいか?」がわかる『就活力診断シート』が無料で利用でききます。

    就活力診断シートは、「自己分析は出来ているか?」「キャリアビジョンがあるか?」「企業研究の深さは?」など、様々な観点から、あなたの就活力を診断してくれます。

    この診断を受けることで、今の自分の就活には何が足りないのか?これから何をするべきなのか?がわかり、これらからの就活の方針が見つかります。

    就活力診断シートで、今の就活を見直し、内定への最短距離に向けて走り出しましょう。

    自分の『就活力』を試してみる

    あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

    imasia_9065120_S1
    内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

    就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

    imasia_12756285_S2
    説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

    志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

    imasia_14141661_S-2 3
    採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

    自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

    imasia_13676025_S 4
    これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

    面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

    imasia_9331572_S 5
    就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

    自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。