地方公務員(市役所)の志望動機の書き方の3つの秘訣【例文あり】

imasia_14213985_S-2

公務員の志望動機が上手く思いつかず、困っていませんか?公務員の採用試験では、書類でも面接でも志望動機が問われるため、説得力のある志望動機がなければ、採用は厳しいでしょう。

でも、「なかなか良い志望動機が思いつかない、どう書けばいいかわからない」と悩んでいる学生も多いでしょう。そこで、わかりやすい例文をもとに、評価される公務員の志望動機の書き方を徹底的に解説いたします!

参考になる!公務員の志望動機の例文

細かい解説を読む前に、例文を読んでみましょう。例文を読めば、評価される志望動機の作り方が直感的にイメージできるはずです。例文を参考に、評価される公務員の志望動機をつくりましょう。

私が●●市職員を志望するのは、大学時代に学んだ行政学の知識を活かし、生まれ育った●●市を住み良い場所にしたいからです。

学生時代から人々のためになる仕事がしたいと考え、児童への読み聞かせのボランティアに参加していました。そこで、●●市の職員様と一緒にお仕事をする機会があり、地域のことを誠実に考えて働くお姿に感銘を受け、自分も地域のために市職員として働きたいという思いが強くなりました。

また、●●市は、●●政策など、教育行政において、県でも先進的な取り組みをされております。●●市でなら、私が大学時代に学んだ教育行政学の知見を活かせるという点も大きな魅力です。

大学時代に学んだ知識を活かし、生まれ育った●●市を、より住み良い場所にするべく貢献したいと考えております。

1.なぜその地域の公務員になりたいのか?がわかる志望動機にしよう

地方公務員の場合、「なぜその市町村で働きたいのか?」が伝わる志望動機でなければなりません。地方公務員は、国家公務員と違い、その地域のために働く仕事ですから、志望動機にも「なぜその地域で働きたいのか?」という想いが必須なのです。

「なぜその地域でなければならないのか?」を上手く伝えるには、大きく3つの方法があります。

  • 理由1…生まれ育った故郷だから
  • 理由2…◯◯市の◯◯政策という取り組みに魅力を感じるから(市が取り組んでいる行政政策を理由にする)
  • 理由3…◯◯市は、自然資源が豊富であり、◯◯線の開通により、さらなる発展が見込め、その発展を支えたいから(地域の特色を理由にする)
  • 大きくこの3つの方法があります。「生まれ育った地元を支えたい」は、理由としては非常に納得感が強いので、オススメです。

    地元以外を志望する場合は、その市町村が取り組んでいる政策や、その市の経済的可能性などに言及すると「その地域でなければならない理由」を上手く伝えられるでしょう。

    2.「人の役に立ちたい」「市民の暮らしを支えたい」想いを伝えよう

    地方公務員の仕事は、簡単に言えば「地域の人々が暮らしやすくするためのサービスを提供する」仕事ですよね。したがって、仕事を続けていく上では「人の役に立ちたい」「市民の暮らしを支えたい」という想いが必須です。

    志望動機の中で「人の役に立ちたい」「市民の暮らしを豊かにしたい」という想いが伝わるようにしてください。例文では、

    学生時代から人々のためになる仕事がしたいと考え、児童への読み聞かせのボランティアに参加していました。そこで、●●市の職員様と一緒にお仕事をする機会があり、地域のことを誠実に考えて働くお姿に感銘を受け、自分も地域のために市職員として働きたいという思いが強くなりました。

    このように、「人の役に立ちたい」という想いを伝えています。

    部署・業務への情熱だけに特化させない

    よく「◯◯の防災改善に取り組みたい」と一部の業務への情熱を示す人がいますが、ある業務への情熱だけを押し出すのは少し慎重に。というのも、公務員は、様々な部署へ配属される可能性があるため、「◯◯に携わりたい」という情熱を押し出しすぎると、「他の業務に配属されたらどうするの?」とツッコミを受ける可能性があります。

    だから、「市民の暮らしを豊かにしたいという想い」プラス「特に、◯◯に興味がある」という順序で伝えると良いでしょう。

    3.自分はどんな風に地域に貢献したいか?志を示す

    「人の役に立ちたい」という想いは大事ですが、それだけでは足りません。あなたを採用するのにもコストがかかるわけですから、採用担当に「この学生を採用したら、市の役に立ってくれそうだ」と思わせなければ、採用はしてもらえません。

    「この学生を採用したら、市のために活躍してくれそうだ」と採用担当に思ってもうらには「自分のXXXという能力・経験を活かして、◯◯市に貢献したい」という志を示しましょう。たとえば、例文では、

    ●市でなら、私が大学時代に学んだ教育行政学の知見を活かせるという点も大きな魅力です。 大学時代に学んだ知識を活かし、生まれ育った●●市を、より住み良い場所にするべく貢献したいと考えております。

    このように「自分の知識を活かして、貢献したい」という志を伝えています。

    「自分のXXXという能力・知識を活かして貢献したい」と伝えることで、仕事への前向きな姿勢と、自分の能力のアピールを同時にすることができます。

    ただ「働きたいです」と関心を伝えるだけでなく「こんな風に貢献したい」と能動的な姿勢を示すことで、高く評価される公務員の志望動機が作成可能です。

    大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

    就活がいよいよ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

    そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

    あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

    imasia_9065120_S1
    無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

    就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

    imasia_12756285_S2
    説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

    志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

    imasia_14141661_S-2 3
    採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

    自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

    imasia_13676025_S 4
    これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

    面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

    imasia_9331572_S 5
    就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

    自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。