就活で使える!『自分のキャッチフレーズ』の回答例20選

imasia_8023514_S

就活の面接やエントリーシートで「自分を表現するキャッチフレーズを教えて下さい」と質問されることがあります。また、自己PRをわかりやすくするために、キャッチフレーズが必要になることもあるでしょう。

しかし、「自分を表現するキャッチフレーズ」と言われても、中々思いつきませんよね。どうすればいいかわからず、戸惑うかもしれません。

でも、大丈夫。わかりやすい実例をもとに、就活の「自分のキャッチフレーズ」の作り方をステップバイステップで徹底的に解説いたします!

就活で使える!自分のキャッチコピー例20

  • 私は「話さないリーダー」です。(トップダウンではなく、ボトムアップで意見を聞き、チームを動かしてきた経験から)
  • 私は「走りながら考える男」です。(関心のあることにまずチャレンジする長所から)
  • 私は逆境ダイバーです。(厳しい環境に飛び込んでいく行動力・向上心をアピール)
  • 私は「万能歯車です」(場面に応じて適切な役割を探し、チームワークを発揮できる長所をアピール)
  • 私は「考える足です」(行動すると同時に思考する長所をアピール)
  • 私は「アグレッシブな怠け者」です(面倒を減らすため効率的な作業を提案してきた経験から)
  • 私はMr.ポジティブです(何事にも前向きに考える長所から)
  • 私は私は「やると決めたら、やり抜く」人間です(目標を達成する実行力をアピールする)
  • スケジュール帳が私の友達です(計画的に日々を過ごす力をアピール)
  • 私は「逆境を栄養に成長する人間」です。(逆境から立ち直り、成長した経験から)
  • 私は接着剤のような人間です(人間関係をまとめる力、チームワークをアピール)
  • 「舞台裏が私の舞台」です(裏方にまわり、行動するチームワーク力をアピール)
  • 私は「刺し身のつまのような人間」です。(裏方に徹して周りを引き立てるという長所から)
  • 私は不屈の努力家です(厳しい条件の中、努力を続けてきた経験から)
  • 私はできない理由より、できる方法を考える人間です(主体的・能動的に行動し問題を解決する姿勢)
  • 私は負ければ負けるほど強くなる人間です(負けず嫌いをアピール)
  • 私は「チア」リーダーです。(周りのモチベーションを高めるために働きかけるリーダーシップをアピール)
  • 私は1000人に叱られた女です。(クレーム処理のアルバイト経験から)
  • 私は「万年2位」の男です。(運動サークルの個人戦や、ビジネスプランコンテストで2位になった経験から)
  • 私は1000回負けても心が折れません(部活で万年補欠からレギュラーを勝ち取った経験から)

これで完璧!就活の自分キャッチフレーズをつくる3つのステップ

さて、では、上記のようなキャッチフレーズはどのようにすれば作れるのでしょうか?以下の3つのステップを押さえるだけで、誰でも自分のキャッチフレーズをつくれるようになります。


1.自分の長所を探す

「自分のキャッチフレーズ」では、自分の長所を「キャッチフレーズ」にして伝えましょう。就活は「自分を売り込む場」ですから、自分の良い側面をキャッチフレーズ化して伝えるべきです。

そのためには、まず、自分の長所がわかっていなければなりません。自己分析が終わっていない人は、自己分析をこなして、自分の長所を見つけてください。具体的には、

自己分析で自分の長所を見つける方法

  • 学生時代に頑張ったこと・打ち込んだことを箇条書きにして洗い出す
  • それぞれの経験について、「なぜ頑張れたのか?」「どんな課題があったのか?」「その課題にどう対処したのか?」を書き出す
  • それぞれの経験の中で、共通して発揮されている長所を見つける

この3ステップを押さえるだけで、自分の長所を見つけることができます。自己分析をして、自分の長所を見つけてください。なお、自己分析が完了している人は、このワークは不要です。

2.長所を的確に表現する言葉を探す

次に、1の「自己分析で見つかった長所を、より具体的な言葉で」表現してみましょう。自己分析を終えた就活生は「行動力が長所」「協調性が長所」「継続力が長所」のような、自分の長所が見つかっているはずです。

しかし、「行動力」のような抽象的な表現では、イマイチわかりづらいです。というのも、「行動力」にしても色々あるからです。たとえば、「気になったら、すぐにチャレンジする」行動力なのか、「周りを巻き込んで企画を実現する」行動力なのか…「行動力」と一言にいっても、様々な「行動力」がありますよね。

「行動力」のような抽象的な表現では、あなたの持つ長所がどんな長所なのか、相手に伝わらないのです。(他の長所も同様です)

「リーダーシップ」「行動力」「協調性」のような抽象的な表現を使わず、できるだけ具体的な言葉で自分の長所を表現してみましょう。たとえば、

  • 逆境に自ら飛び込んで、自身を高めることができる
  • 厳しい環境でも、前向きに打開策を考え、実行ができる
  • すぐに行動し、行動しながら軌道修正をし、素早く結果を出すことができる

このように、自分の長所を「具体的な言葉を使って」詳しく表現してください。具体的な言葉で自分の長所を表現できたら、あとは、それをキャッチフレーズ化するだけです。

3.長所をキャッチフレーズ化する

さて、「逆境に自ら飛び込んで、自身を高めることができる」これは、まだキャッチフレーズではありません。

キャッチフレーズとは「アピールポイントを短い言葉で表現する」フレーズのこと。キャッチフレーズをつくるには、自己分析で見つかった長所をより短い言葉でインパクトのあるキャッチフレーズにする必要があります。

たとえば、「逆境に自ら飛び込んで、自身を高めることができる」という長所を「私は逆境ダイバーです」とキャッチフレーズに変えるわけですね。

キャッチフレーズをつくるには、様々な方法がありますが、ここでは使いやすい3つの方法を紹介します。

方法1.言葉を短くする

まず、一番簡単な方法をご紹介します。それは「自分の長所を15文字程度の歯切りのいい言葉で表現する」こと。たとえば、

  • 私は「走りながら考える男」です。(関心のあることにまずチャレンジする積極性をアピール)
  • 私は私は「やると決めたら、やり抜く」人間です(目標を達成する実行力をアピールする)

このように、自分の長所を短く歯切れの良い言葉で表現してみましょう。インパクトにはやや欠けますが、わかりやすいキャッチフレーズをつくることができます。


方法2.比喩を使う

「比喩を使う」のは、とても効果的な方法です。比喩を使えば、あなたの長所を相手がすぐに理解できるキャッチフレーズが出来るでしょう。たとえば、

  • 私は「万能歯車です」(場面に応じて適切な役割を探し、チームワークを発揮できる長所をアピール)
  • 私は接着剤のような人間です(人間関係をまとめる力、チームワークをアピール)

このように「何かにたとえて長所をアピール」すると、比較的簡単にキャッチフレーズが見つかります。コツとしては、

  • 自分の長所を持つ動物にたとえて表現する方法を考える
  • 自分の長所をモノ・道具にたとえて表現する方法を考える

「自分の長所と同じ役割・特徴のあるモノ」を考えていくと、比喩が思いつきやすいでしょう。

方法3.反対の言葉をかけあわせる

  • 私は「話さないリーダー」です。(トップダウンではなく、ボトムアップで意見を聞き、チームを動かしてきた経験から)
  • 私は「アグレッシブな怠け者」です(面倒を減らすため効率的な作業を提案してきた経験から)
  • 「舞台裏が私の舞台」です(裏方にまわり、行動するチームワーク力をアピール)

少し難しい方法ですが、「反対の性格を持つ言葉をかけあわせる」と面白いキャッチフレーズが生まれます。「え?どういうこと?」と相手の興味を上手く惹きつけられるでしょう。

就活用に自分のキャッチフレーズを作る時の注意点

就活で自分用のキャッチフレーズをつくるときには、いくつかの注意点があります。この注意点を押さえておかないと、思わぬ失敗をしてしまう可能性があるので、チェックしておきましょう。

仕事に役に立たないことはアピールしない

「自分を表現するキャッチフレーズ」は、自分の売り込みたい長所をアピールできるものにするべきです。面接・エントリーシートは、自分を売り込む場所。全てのメッセージは「私は御社の役に立つ人間です」と伝えられるものでなければなりません。

しかし、学生の中には、以下のような「仕事にどう役立つかが、いまいち伝わらないキャッチフレーズ」を使っている人が多いです。

  • 私は風邪に嫌われる男です(病気をしないという長所をアピール)
  • 私は水泳一筋の人間です(水泳を長く続けてきた経験をアピール)
  • 私は読書家です(年間100冊以上本を読むことをアピール)
  • 自転車で日本一周をしました(自転車で日本一周した経験をアピール)

このようなキャッチフレーズを使う人がいます。しかし、「水泳一筋です!」と言われても、それが仕事にどう役立つのかが、いまいちイメージしづらいです。

たとえば、「できない理由よりも、できる方法を探す人間です」というキャッチフレーズなら、ビジネスにどう役立つかがイメージできるでしょう。「水泳一筋です!」と言われても、「だから?それが仕事にどう役立つの?」と相手は感じてしまうでしょう。

「仕事に役に立つ長所」を上手く表現したキャッチフレーズを伝えるようにしましょう。

ハードルを上げ過ぎない・誇張しすぎない

「インパクトのあるキャッチフレーズ」を意識しすぎるばかり、やや大げさなキャッチフレーズを考えてしまう就活生が少なくありません。たとえば、

  • 私は不可能を可能にする人間です(無理だと言われた企画を実現した経験から)
  • 私はグローバル人間です(英語力に自信があるアピール)

このような表現を使ってしまう人がいます。しかし、学生の語るエピソードは、社会人からすれば、大したことがないもの。なのに「不可能を可能にする人間です!」というと、「何を大げさな…」と却ってマイナスに評価されてしまうリスクがあります。

あまり大げさな表現は使わないようにしましょう。ハードルが上がりすぎて、逆に、評価されなくなってしまいます。あくまで、あなたの学生時代のエピソードから引き出せるキャッチフレーズを使ってください。

面接では周りくどい表現を使わない

面接で「自分のキャッチフレーズ」を使うときは、あまり凝った表現は使わない方がベターでしょう。たとえば

私は考える足です(行動すると同時に思考する長所をアピール)

というキャッチフレーズは、エントリーシートなら悪くはないのですが、面接だとイマイチ伝わりづらいです。

文章なら遡って「あぁ、なるほどね」と納得できるのですが、面接だと遡って確認することが出来ないので、周りくどい表現は命取りになる可能性があります。面接では、あまり凝ったキャッチフレーズは使わず、簡潔でわかりやすいキャッチフレーズを使ってください。

穴埋めだけで自己PRが完成!内定する自己PR作成マニュアル【無料】
自己PR_LPheader

自己PRに自信が持てず、悩んでいませんか?自己PRは就活で一番重要な質問の一つ。だから、どうしても「これで大丈夫かな…」と不安になってしまいますよね。

就活サイト「キャリアパーク」なら、シートに穴埋めするだけで、説得力のある自己PRが完成する「自己PR作成マニュアル」を無料でダウンロードできます。

文章力、表現力に自信がなくても、穴埋めシートに必要なことを書き込んでいけば、大手内定レベルの、論理的な自己PRがすぐにつくれるようになります。

効果的な自己PRの作成法を理解し、選考を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。