志望動機とは何か?絶対に押さえておきたい3つの基本

imasia_12416903_S

就活では必ず聞かれる志望動機。でも、どんな志望動機を作成すれば内定するのか?どんな志望動機は駄目なのか?わからず戸惑っていませんか?

志望動機は「自己PR」についで、就活で最も重要な質問の一つです。志望動機をしっかり答えられるかどうかに、内定がかかっているといっても過言ではありません。

そこで、「そもそも面接官はなぜ志望動機を聞くのか?」「どんな点を抑えるべきなのか?」など、「志望動機とは何か?」について詳しく解説していきます。

志望動機はサークル経験の7倍重要

以下のグラフは、リクルートが2014年に行った「就職白書」の中の、
企業が採用で重視する項目と、学生が面接などでアピールする項目」についてのアンケートです。左側が企業が重視していること、右側が学生がアピールしている項目です。

※スマートフォンの方は、ピンチ(画面をつまむ)で拡大できます。

スクリーンショット 2014 09 26 12 53 16

これを見ると、志望動機にかかわる「その企業への熱意」は78.3%の企業が重視していることがわかります。一方で、学生が主にアピールしている「アルバイト経験」「所属クラブ・サークル」「ボランティア」については、ほとんど重視していないことがわかるでしょう。よく学生がアピールしている「サークル」にいたっては、11.9%、つまり10分の1程度の企業しか重視していないのですね。

企業は「人柄」「可能性」を自己PRから。「企業への熱意」を志望動機から把握しようとします。だから、志望動機をしっかりつくりあげるのは、内定にはかかせないのですね。

さて、なぜここまで「志望動機」を企業は重視しているのでしょうか?

なぜ面接官は志望動機を聞くのか?

企業が志望動機を重視する理由は「企業がどんな人材を欲しがっているか?」を考えればわかります。

企業が欲しいのは「将来活躍してくれる人」

企業が採用したいのは「将来、活躍して企業に貢献してくれる人」これ以外にはありません。営利企業ですから、「企業の利益に貢献する人」を求めるのは当然ですよね。大事なのは「将来」ということです。

現時点では、学生の実力はビジネスに直結するものではありません。即戦力を期待するなら、中途をとればよい。それでも、新卒の学生を採用するのは、彼らが「将来活躍して企業に貢献してくれること」を期待しているからです。

「企業への熱意」は将来活躍するためには必須

従業員の「能力の差」は最大5倍だが、「意識の差」は100倍程度ある。 
日本電産 永守重信

いくら能力があっても、やる気がない人は、その能力を上手く発揮できません。嫌になって途中でモチベーションが低下してしまったり、もしかしたら、辞めてしまうかもしれません。

企業への熱意にあふれた人は、仮に実力が劣っていても、どんどん学び成長することで、実力をつけてくれるでしょう。長期的な視点で考えれば、最も会社に貢献できる社員に成長する可能性が高いですよね。

だから、企業は志望動機を聞き、学生の持つ「企業への熱意」を確認することで、その学生が将来会社に貢献できる人材かを見抜こうとしているのですね。


調査結果から見えてくるもの

上でとりあげたグラフでも「大学での成績」「語学力」「資格」「サークル」などの項目はあまり評価されていません。これは「現時点の実力」に関するものだからです。

一方で、重視されている『人柄』『企業への熱意』『今後の可能性』はすべて「将来活躍できるか」というポテンシャルに関するものですよね。

志望動機を上手く伝え、「将来、活躍してくれそう」と人事に思わせれば、内定がぐっと近づきます。

志望動機で押さえなければならない3つの要素

なぜ「あなたは」その会社に魅力を感じるのか?

失敗している学生の志望動機に多い特徴が「会社を褒めているだけ」「会社を説明しているだけ」で、「なぜあなたはその会社に魅力を感じているのか?」の「あなたは」の部分が欠けているというもの。たとえば、以下のような志望動機が「会社説明型」志望動機の典型例です。

例文

貴社のチャレンジングな姿勢に惹かれます。

貴社は男性用整髪料のメーカーとして、「グローバル」が叫ばれるずっと以前から、インドネシア・ベトナムなどの新興市場に進出し、インドネシアでは御社の製品名が整髪料としての固有名詞として使われているほど、親しまれております。

貪欲に新興市場でのチャレンジを続ける貴社でなら、グローバルな規模でのものづくりに携われると考え、貴社を志望しております。(男性用整髪料メーカー マンダムの志望動機)

少し極端に書きましたが、このようなものが「会社説明型志望動機」です。会社を詳しく調べているのはわかるのですが、「なぜあなたはその会社を志望しているのか」が伝わってきません。したがって、企業への熱意を全く感じ取れません。

これを解決するには、「自分がなぜ魅力を感じたのか?」を書きましょう。

たとえば、以下のように「自分の経験」「その業界・市場に対する自分の考え」を書くと、「なぜあなたは志望しているのか?」が伝わりやすくなるでしょう。

例文
大学時代に東南アジアをバックパッカーとして旅行し、成長している東南アジア経済の力を目の当たりにした。経済が成長していけば、家電ような必需品だけでなく、美容製品の市場も大きく拡大していくと考えている。東南アジアの男性向け整髪料市場で高いシェアを持つ貴社でなら、成長する新興市場でビジネスができると考え、魅力を感じている

志望動機で大事なのはなぜ「あなたは」その会社を志望しているのか、ということです。ただの会社説明に終わらず、自分がその会社に魅力を感じている理由を詳しく伝えてください。

「その会社でなければならない理由」

会社が欲しいのは「その業界に入りたい人」ではなく「その企業に入りたい人」です。その業界ならどの企業でも通用するような志望動機はあまり評価されません。たとえば、商社の志望動機でいうと、以下のようなものがよくあります。

  • 日本経済を動かすようなビジネスモデルの構築に携わりたい
  • 海外と日本の架け橋になりたい

このような志望動機がよくありますが、総合商社ならどこでも通用しそうな志望動機ですよね。これはあくまで「業界志望動機」程度にしか使えません。

だから、「〜という理由で、この業界に興味を持ちました」「◯◯業界の中でも御社は〜」という流れで、「なぜその会社を志望するのか」を語らなければなりません。たとえば、中国市場に強い伊藤忠商事への志望動機を語るなら、業界志望動機を伝えた後に、

例文

大学で中国経済をゼミで専攻していたため、中国でのビジネスに非常に興味があります。より深く中国経済を理解するため、中国語検定も取得しました。

御社は、総合商社の中でも中国市場に早くから力を入れ、中国市場でのプレゼンスは総合商社の中でもトップです。

御社でなら、これから成長を続ける中国市場の成長を支えながら、日本経済に貢献できると考えて、御社を志望しております。

このように「企業の特徴」「それに自分が魅力を感じる理由」の2セットを語ると、「その企業でなければならない理由」が簡単につくれます。


その会社であなたは何を成し遂げたいのか?

ただ、「御社のこんな点に惹かれています」と語るだけでは、どうしても受動的な印象になります。強い熱意は伝わりません。強い熱意を語るには、「その会社で何を成し遂げたいのか?」というビジョン・目標を用意する必要があります。

例文
ITシステムづくりを通して、人の生活基盤を支え、変えていきたいと考え、貴社を志望しております。(公共システム開発で、国内最大の売上を誇るNTTデータへの志望動機)

というように、まず「その会社で何を成し遂げたいのか?」というビジョンから志望動機をはじめると、熱意が伝わります。

ただ、「ビジョン」を語るだけなら、誰でもできます。だから、「なぜそのビジョン抱いたのか?」という理由を詳しく語る必要があるでしょう。たとえば、

例文

【会社で成し遂げたいこと】ITシステムづくりを通して、人の生活基盤を支え、変えていきたいと考え、貴社を志望しております。

【ビジョンを抱くに至った経緯】大学時代にアルバイト先のベンチャー企業で、簡単な業務システムをつくったところ、業務が大きく改善し、社員の方にも感謝されました。

この経験から、ITシステムの持つ「効率化する」力に興味を持ち、ITシステムを通して、人の暮らしを支え、効率化していきたいと考えるようになりました。

【業界の中でも、その会社でなければならない理由】SI業界の中でも、貴社は新日銀ネットや年金システムの構築など、他社では手がけられないような大規模の公共システムの開発に強みがあります。

貴社でなら、ITシステムを通じて、日本で生活する人々の暮らしを支え、変えていけるのではないかと考え、貴社を志望しております。

このように、「なぜその目標を持つようになったのか」という理由を詳しく語ると、熱意が伝わる志望動機になるでしょう。

人気企業100社の内定者ESが無料で読める!就活生が読むべき神ES回答集

4月も後半になり、いよいよエントリーシート提出の時期。でも、「このESで本当に大丈夫かな…」と悩んでいませんか?

ESの書き方がわからない時は、内定者のESを参考にすれば良いのです。

就活サイト「キャリアパーク」では、「人気企業100社の内定者ES」が今だけ無料でダウンロードできます。金融、メーカー、商社、コンサル…主要な人気企業の内定者ESが網羅されているので、参考になるESがきっと見つかります。

内定者のESを参考にして、書類選考を突破しましょう。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で人気企業100社の内定者ESが読める!18卒就活生が読むべき神ES回答集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。