志望動機で大事な「なぜその会社なのか」を伝える秘訣3つ【例文あり】

imasia_12734825_S

志望動機では「なぜその会社でなければならないのか?」がしっかり伝えるようにしなければなりません。企業は内定を蹴られたくありません。だから、第一志望の学生だけに内定を出したい。

第一志望だと人事に感じさせるには、「なぜその会社でなければならないのか」が伝わる志望動機が必須です。

とはいっても、多くの学生は「その会社に絶対に入りたい」というよりは「その業界に興味がある」くらいの人が多いはず。「なぜその会社でなければならないのか」を伝えるロジックをつくるのは、なかなか大変ですよね。

でも、大丈夫。少しのコツを意識するだけで、「第一志望」だと伝わる志望動機を作成できます。

第一志望だと伝えるための3ステップ

  • 1.就活で重視する「仕事上の目標」をつくる
  • 2.業界内における、志望企業の強み・特徴を調べる
  • 3.2を1にあてはめて「御社でこそ〜ができる」とまとめる

ただ、「第一志望です!」といっても、説得力はありません。人事だって学生が内定を取るためにウソをつくことくらい知っています。

第一志望だと信じさせるには、「私は〜を仕事選びの基準にしている」「貴社は〜に力を入れている」「貴社でこそ、〜ができる」と、『仕事上の目標を達成するには、貴社で働くのが一番だ」と伝えましょう。

といっても、よくわからないと思うので、志望動機の例文を見てみましょう。

第一志望と伝わる志望動機の例文

例文

志望動機…三菱東京UFJ銀行 コース別採用(ITシステム)

貴行の金融システム開発に携わり、日本経済に血液を回す「心臓」を支えたいと考えております。

大学時代に、中小企業で社内エンジニアのインターンをし、簡単な業務システムを開発しておりました。少しの労力でも、業務を大きく効率化できるシステムの力を実感し、ITシステムの開発を仕事にしたいと考えるようになりました。

より多くの人の生活に影響を与え、支えられるシステムは何か?と考えた時に、金融機関のシステムが最も重要なのではないかと思いました。お金という血液が回らなければ経済は動かず、経済の根本を支えるのが金融機関のシステムだからです。

貴行は、世界規模でも類を見ない勘定系システム統合を早くから終え、安定したシステム運用においては、都市銀行の中でもトップであると存じます。貴行でなら、経済の基盤となるシステムを開発・運用し、人の生活を支えることができると考え、貴行を第一志望としております。

仮に入行できた際には、国際業務系のシステムに携わりたいと考えております。グロバール化が進む中で海外とのシステム連携強化はますます重要になる点、大学時代の留学で培った英語力を活かせる点に魅力を感じております。

この志望動機は、以下の構成になっています。

  • 「大学時代の経験から、システムを通して社会を支えたいと思うようになった(仕事上の目標・就活の軸)」
  • 「貴行は、世界規模でも類をみない勘定系のシステム統合を〜都市銀行の中でもトップである(志望企業の特徴)」
  • 「貴行でなら、経済の基盤となるシステムを開発・運用し、人の生活を支えることができる(就活の軸と志望企業の特徴をすりあわせる)」

このように「私は仕事で〜をしたい」という仕事上の目標(就活の軸)を固めて、企業の特徴をそれにあてはめれば、第一志望だと伝わる志望動機がつくれます。

では、この志望動機作成に必要な「仕事上の目標」「会社の特徴の抽出法」を詳しく解説していきます。

就活の軸をつくろう

就活の軸とは「私は仕事を通して〜を成し遂げたい」という、あなたの仕事上の目標です。

仕事上の目標があれば「私は〜をやりたいという基準がある」「あなたの会社は〜という特徴を持っていて、私の基準に合致する」と簡単に志望動機がつくれるようになります。志望動機作成にかかる時間は、往来の4分の1ほどになるでしょう。

就活の軸をつくる方法

就活の軸をつくるには、

  • 1.大学時代に「打ち込んだこと」を掘り下げ、「自分はどんな時に喜びを感じるのか?」「やりがいを感じるのか?」「意義を感じるのか?」を分析する
  • 2. 1でわかった「やりがいを感じる瞬間」を最大化するには、どんな仕事が良いのか、考えてみる
  • 3. 2で見つけた仕事を通して、社会にどんな価値を提供したいのか?を考える

この3ステップを踏めば、すぐに就活の軸が作成可能です。たとえば、先にあげた例文なら、

  • 簡単な業務システムをつくっただけだが、人に感謝され、業務を効率化できた
  • 大規模システムの開発・運用に関わることで、より多くの人の役に立つことができる。それはやりがいのあることだ。特に、人の生活の根幹に関わる経済をシステムから支えたい
  • 銀行のシステムを通して、経済の心臓を動かし、社会を支えたい

このような軸になるわけですね。ちなみに、この軸は、言い方次第で簡単に同業他社に応用できます。たとえば、上では「金融システムが社会を支えることに〜」と書いてありますが、医療系のシステム会社を志望するなら「人の生命を支える医療システムに携わることは、社会の根幹を〜」と変えればよいのです。

一度、軸をつくっておけば、同業他社に簡単に応用し、志望動機がつくれます。ぜひ、就活の軸(仕事上で成し遂げたい目標)をつくっておきましょう。

会社の特徴を分析する

就活の軸に会社の特徴をあてはめれば、上記の志望動機がすぐにつくれます。では、どうやって会社の特徴を分析するのか?

志望動機ですから、「御社は〜に強みがある」と会社の良い所をとりあげ、その会社の特徴が自分の目標・軸に合致する、という形にするべきです。だから、業界内での会社の強み・特徴を分析すれば良い。具体的な方法としては、

  • 業界研究本を読み、同業界の概要を知る。各企業の特徴を簡単に頭に入れる
  • 業界の主要企業(志望企業含む)の「株主向け説明会資料」に目を通し、業界のトレンド、各企業の特徴を理解する。それぞれどんな点を強調しているか?を把握しよう
  • 上記を踏まえ、志望企業はどんな強み・特徴を持っているか?(社風、のような抽象的な言葉に逃げずに、ビジネス上の明確な強みを分析する)

このステップを踏めば、すぐに説得力のある志望動機を伝えられるようになるでしょう。

8月でも間に合う!就活の後半でも優良企業の内定が狙える神サイト

「就活を頑張りたいけど、もうエントリーできる企業がほとんどない…」と悩んでいませんか?就活の後半になると、企業がナビサイトでの応募を締め切るので、受ける企業がなくなり、困りますよね。

そんな就活生のために、就活の後半からでも納得のいく内定が狙える「マイナビ新卒紹介」をご紹介します。

「マイナビ新卒紹介」の詳細はこちら

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。