面接で長所を効果的にアピールする5つの戦略【例文あり】

imasia_13003382_S

就活の面接で「あなたの長所は何ですか?」と質問されることがあります。「長所は何ですか?」は、あなたのセールスポイントを売り込める質問です。この質問に上手く答えられれば、あなたの良さを面接官にアピールすることができます。

でも、実際、何を言っていいかわからず、困っている人も多いと思います。そこで、わかりやすい例文をもとに、面接で長所について質問された時の答え方を徹底的に解説いたします!

使える!面接で長所について質問された時の回答例文

例文

私の長所は、向上心です。自らに高い目標を課し、目標に向けて行動していくことができます。

将来は海外で働きたいという想いがあり、大学入学時に「就職までにTOEIC860点以上をとる」という目標を掲げました。その目標を達成するため、3つのことを実施しました。

まず、塾講師のアルバイトを週5日こなして費用を賄い、自費でイギリスへの3ヶ月の短期留学に挑戦し、留学中は「日本人同士でも英語を話す」ルールを自らに課し、語学学習に勤しみました。

また、スカイプ英会話を活用して、日本においてもネイティブとの会話練習を積みました。

この努力の結果、大学3年の春には、TOEIC910点を取得することができました。

現在は、英語に加えて中国語検定の学習を進めています。貴社においても、この向上心を忘れずに、研鑽を積み、プロとして結果を出したいです。

【質問の意図】面接で「長所」について質問される理由とは?

まず、そもそもの質問意図を考えてみましょう。なぜ、企業の人事は「あなたの長所は何ですか?」と質問するのでしょうか?質問の意図を理解することで、的確な回答ができるようになります。

企業で活躍できる人材かどうかを確かめたい

「その就活生が企業で活躍できる人材かどうか」を確かめたいという意図があります。企業には、企業ごとに「求めている人材像」があります。あなたの長所を聞き、あなたの持つ長所が、その「求めている人材像」に合致するかどうかを確かめようとしています。

では、どうすれば面接で長所を質問された時に上手く答えられるのでしょうか?詳しく解説していきます。

1.会社の求めている長所を理解しよう

まず、「どんな長所をアピールするべきか?」を考えてみましょう。アピールする長所は「その会社が求めている長所」です。

会社ごとに求めている長所は違う

会社ごとに求めている長所は違います。会社の求める長所を理解せずに、アピールをしても、あまり評価はしてもらえません。

仕事ごとに「活躍するために必要な能力」は違います。たとえば、コンサルティング会社の仕事なら、「論理的思考力」「プレゼンテーション力」「コミュニケーション能力」などが必要でしょうし、様々なステークホルダーをまとめてプロジェクトを動かす総合商社の仕事なら「リーダーシップ」「交渉力」「ストレス耐性」が必要でしょう。

このように企業ごとに求めている長所は違います。会社の求めている能力・長所を理解しないままアピールをしても、的外れのアピールをしてしまう可能性があります。

たとえば、コンサルティング会社の面接を受けているのに「私の良さは、この笑顔と人当たりの良さです」とアピールしても、いまいち相手に刺さりません。だから、会社の求める長所を理解した上で、アピールするべき長所を決めるべきです。

会社の求める長所を理解する

効果的にあなたの長所を売り込むには「会社の求めている能力(長所)は何か?」を理解しておく必要があります。

会社が求めている能力・長所を理解するには、

  • OB訪問で「この会社で伸びる人と伸びない人の違いは何だと思いますか
    ?」「この会社で成果をあげるために必要な能力は何ですか?」と聞く
  • 会社の仕事を理解し「求められる長所」を推測する。
  • 会社が掲げている『求める人材像』を参考にする


2番目が少し難しいので補足をしておきます。会社のビジネスモデルを理解すれば、「会社で求められる能力・長所」がわかります。たとえば、食品会社の営業は、小売店に自社の製品を売り込み、良い場所においてもらわなければなりません。だから、「交渉力」「提案力」「人間関係高知力」がより求められるはずです。

このように「会社の仕事」を理解すれば、そこで必要な能力が逆算できます。会社研究をしっかり行った上で、アピールする長所を考えてください。


2.結論から長所を伝えよう

会社が求めている能力を理解し、アピールする長所を決めたら、次はメッセージをつくっていきます。

基本は結論先行!

まずは、結論先行で「私の長所は〜です」「私の強みは〜です」「〜に自信があります」とあなたの強みを伝えましょう。結論からメッセージを始めることで、話の要点がすぐに相手に伝わります。

抽象的な言葉で終わらせず、あなたの良さを売り込む具体的な言葉を使う

よく就活生のアピールに「私の長所は協調性です」「私の長所はリーダーシップです」というアピールがあります。しかし「リーダーシップ」にも色々ありますよね。たとえば、周りの意見を引き出すのが上手いリーダーなのか、自分が行動して皆を引っ張るリーダーなのか……

「リーダーシップがある」「協調性がある」だけでは、あなたの長所がいまいち相手に伝わりません。

抽象的な言葉だけで終わらせず、具体的な言葉で「自分の長所はどんなものなのか?」を説明してください。たとえば、例文では、

私の長所は、向上心です。自らに高い目標を課し、目標に向けて行動していくことができます。

このように具体的な言葉で、自分の長所を説明しています。これなら、この人がどんな長所の持ち主なのかがすぐに伝わりますよね。自分の言葉で、「どんな長所を持っているか?」を詳しく説明しましょう。

3.長所を発揮したエピソードとセットで伝える

長所をアピールする時は「長所を発揮したエピソード」とセットで伝えるようにしてください。

エピソードとセットで伝えること

なぜエピソードとセットで伝えるべきか?エピソードと一緒に伝えないと、あなたの長所を信用してもらえないからです。たとえば「リーダーシップに自信があります!」とだけ言われても、「なるほど!リーダーシップがあるのか!」とは納得しませんよね。

信用してもらうためには「その長所を発揮した具体的なエピソード」が必要です。長所を発揮したエピソードを証拠として伝えれば、あなたの長所が面接官に伝わります。

失敗しない!エピソードの構成法

とはいっても、「どうやってエピソードを伝えればいいか?」わからないと思います。以下の構成に従えば、相手にあなたの魅力が伝わるエピソードがつくれます。

  • 1.どんな課題・目標にチャレンジしたのか?
  • 2.目標・課題を達成するために、どんな努力・工夫をしたのか?
  • 3.行動の結果、どんな成果が出たのか?
  • 4.その経験を通じて、何を学んだのか?

この構成を押さえれば、あなたの良さを上手く伝えられるでしょう。例文もこの構造に従って制作されています。

4.長所を会社でどのように活かすか伝えよう

「会社で使えるか?」が大事

最後に「その長所が会社でどんな風に活かせるか?」に触れましょう。当たり前ですが、会社が一番気にしているのは「その就活生が入社後、活躍できるかどうか」です。

「入社後活躍できる」というイメージを与えるために、「自分の長所はこんな風に会社の仕事に活かせる」と伝えてください。あなたの活躍する姿を面接官がイメージしやすくなり、プラスの評価につながります。

「会社でどう活かすか?」という視点を伝えよう

貴社においても、この向上心を忘れずに、研鑽を積み、お客様に信頼されるプロとして成長していきたいです。

この例文のように「自分の強みを活かして〜という風に働きたい」というビジョンを伝えてください。入社後あなたが活躍する姿を、相手がイメージしやすくなり、 良い結果につながります。

5.再現性のある長所を答えること

面接でアピールする長所は「再現性のあるもの」にしましょう。「再現性がある」というのは、「様々な場面でも、効果を発揮できる」という意味です。

就活生の中には、「企業が求める人材像」に引っ張られすぎて、自分の本来の長所ではない長所を無理にアピールしている人が少なくありません。

企業の「求める人材像」を意識しすぎると失敗する

たとえば、総合商社志望の学生で、総合商社は「人を巻き込んで、動かす力
を重視しているため、「サークルの会費を回収した」という経験で「私にはリーダーシップがあります!人を巻き込んで、動かすことができます」とアピールしている学生を見たことがあります。

この経験からは、「責任感」などはアピールできるかもしれませんが、「リーダーシップがある、人を巻き込む力がある」とまではいえませんよね。

このアピールを聞いても「リーダーシップがあるとは言えないのでは?」と思われてしまい、面接官からの評価は期待できません。あくまで「エピソードから引き出せる長所」をアピールするべきです。

自分の本当の長所を伝えること

面接で伝える長所は、再現性のある「あなたの本当の長所」にしましょう。つまり、自分の人生において、何度も発揮されている長所を伝えるのです。

たとえば、「真面目にコツコツ努力する」のが長所の人は、人生において何度も「真面目にコツコツ努力する」強みを発揮した経験があるはずです。

「何度も発揮されている長所」は、あなたの人格に根付いたものであり、付け焼き刃のアピールをするよりも、ずっと相手の心に刺さります。

「人生において、何度もその強みを発揮している」本当の長所を伝えましょう。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がいよいよ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。