説得力が違う!自己PRは「仕事の活かし方」に必ず触れよう

happy successful business man

自己PRを、ただ「私にはこんな長所があります!」「私はこんなことをやってきました!」とアピールするだけで終わらせていませんか?

多くの学生は「私の長所は〜です」「それを発揮した経験として、こんなエピソードがあります」と自己PRをしています。しかし、それだけでは企業が一番知りたい「入社後活躍できる人材かどうか」が伝わらないのです。

自己PRで「私は入社後に活躍できる」とアピールするにはどうするか?大事なコツをご紹介します!

企業は自己PRの「活動内容」「実績」に興味が無い

学生はよく「僕はサークルでこんな凄いことをしました」「私は学生団体でこんな凄い人を呼び、イベントを開催しました」とアピールします。しかし、「活動内容」「実績」だけをアピールした自己PRでは、高い確率で失敗します。なぜか?企業はサークルやゼミ、バイト経験を「どうでもよい」と思っているからです。

リクルートの調査「就職白書」によれば、採用にあたりアルバイト経験を重視している企業は「24%」サークル・部活動を重視しているのは「10%」ゼミは「6%」海外経験は「5%」です。つまり、「学生時代の活動そのもの」にはあまり興味が無いのです。

企業は「人柄」「熱意」「可能性」を重視している

では、何を重視しているのか?同調査によれば「人柄(90%が重視)」「熱意(78%が重視)」「今後の可能性(70%が重視)」となっています。

「人柄」は「一緒に働きたい人かどうか?」に関わり、「熱意」は「入社後、一生懸命に働いてくれるかどうか」の指標であり、「今後の可能性」は「その人が今後成長し、会社に貢献してくれるか」という指標です。

つまり、企業が採用にあたり重視しているのは「入社後に活躍してくれるか」というポテンシャルなのです。このポテンシャルを上手くアピールする必要があります。

では、どうすればポテンシャルをアピールできるのでしょうか?

「今後の可能性」をアピールするには「仕事での活かし方」に触れる

「今後の可能性」をアピールするには、自己PRの最後に「自分の長所を入社後にどう活かすか」に触れましょう。

この【長所】を活かし、貴社で〜として活躍したい

と説明すれば良いのです。このように構成すれば、採用担当があなたの活躍する姿をイメージしやすくなります。例文を見てみましょう。

「今後の可能性」にフォーカスした自己PRの例

例文

私は常に問題意識を持ち、現状を改善する施策を考え、実行する力があります。

この力を最も発揮したのが、大学時代のアメフト部のマネージャーでの経験です。

後輩のマネージャーのサポート不足により、選手の怪我が多発していました。この問題を解決するため、練習後に個別指導の時間を設け、後輩マネージャーにテーピングの方法、怪我を防ぐストレッチ、選手の故障箇所を把握するための解剖学の指導を行いました。

この指導の結果、後輩マネージャーは十分な知識をみにつけ、怪我予防のテーピング・ストレッチや自信を持って行えるようになりました。

結果、毎年5名以上出ていた故障者をゼロにすることができました。

貴社においても、「常に問題意識を持ち、改善策を考える」姿勢を活かし、SEとしてお客様の問題を理解し、お客様の課題を解決するための提案をしていきたいです。

「現状を改善する施策を考え、実行する」という強みを、SEの仕事にどう活かすか触れられていますね。このように、「仕事にどう活かすか」という姿勢があると、あなたの強みが「会社にどう役に立つのか」採用担当がイメージでき、評価されやすい自己PRをつくることができるのです。/p>

ただ「私は〜ができます」とアピールするだけでなく、その力をどう活かすのか?にも触れましょう。

「仕事への活かし方」をより効果的にアピールする方法

学生の中には、「そうか、仕事での活かし方に触れればいいんだな!」と考え、以下のような文章を書く人がいます。

この「成果を出すために粘り強く行動する姿勢」を貴社の仕事においても活かしたいです。

このような文章。確かに、悪くないのですが、もう少し良くできます。具体的には「その強みが、志望企業のどんな業務で活かせるか?」に言及することです。たとえば、証券会社の営業志望なら、

例文
OB訪問で、貴社の●●様に「証券の営業の成果は景気に左右される。でも、諦めずに行動し続けなければ成果は出ない」と伺いました。私の「成果をあげるまで粘り強く行動する」姿勢は、貴社の仕事でこそ活かせると考えます。『何が何でも成果を出す』という姿勢で、粘り強くお客様にアプローチをしていきたいと考えています。

と、書きます。つまり、

  • 御社の仕事では〜という姿勢・能力が重要だ
  • 御社の仕事でこそ、私の〜という力は活かせる
  • 具体的には、〜という形で活かせる

このように構成するのです。会社のどんな業務でどう活かせるか?を書いておけば、あなたの活躍する姿を採用担当がイメージしやすくなります。

文字数に余裕が有るときは、ぜひ「自分の能力が志望企業のどんな業務でどう活かせるか?」に触れてみましょう。

あなたが内定する可能性が高い会社を見つける方法

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?ただ、内定のために受ける会社を増やそうとしても、どこを受ければいいのかわかりませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
5月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。