面接で「その学部・学科を選んだ理由」を聞かれた時の的確な答え方

imasia_11926245_S

就職活動の面接では「学部を選んだ理由は何ですか?」「現在の学部を選択した理由を教えて下さい」と質問されることがあります。

しかし、大学受験の時に「将来は会社を立ち上げたいから、商学部にしよう!」というように、意識の高い理由で選んでいる人は少ないはず。だから、どう答えればいいかわからず、困りますよね。

そこで、わかりやすい例文をもとに、この質問への回答法を徹底的に解説いたします!

面接で「今の学部・学科を選んだ理由」を聞かれた時の回答例

まず、「学部を選んだ理由」を聞かれた時の回答例を先に読んで見ましょう。回答例を読んだほうが、回答のポイントが直感的に掴めると思います。

例文

英語圏の人とコミュニケーションをとるには、語学だけではなく、その考え方のバックグラウンドも理解する必要があると感じ、現在の学部を選択しました。

英文学には、その時代の空気・考え方が如実に現れます。たとえば、イラク戦争以降の現代アメリカ文学は「正義」について非常に懐疑的なニュアンスが示されています。

文学を通して、言葉だけでなく、その言葉を使う人の思考のバックグラウンドも理解することで、より良いコミュニケーションをとれるのではないか?と感じ、現在の学部を選択しました。

学生時代に身につけた「語学力」「異文化理解力」はビジネスにも活かせると思います。

【質問の意図】面接官が「今の学部・学科を選んだ理由」を質問する理由とは?

目的意識を持って、学生時代を過ごしたかを知りたい

学業への取り組みは、仕事への取り組みに通じるものがあります。学業に目的意識を持って取り組める学生は、仕事においても、目的意識を持って働けると考えられます。企業はこの質問を通して、「学生が目的意識を持って行動してきた人か」を確認しようとしています。

学部選択理由から学生の関心・性格を知りたい

「どんな学部を、どんな理由で選ぶのか?」には、その人の関心が現れます。文学部と経済学部を選ぶ人では、パーソナリティも違うでしょう。企業は、どんな理由で学部を選んだかを聞き、学生の性格・人柄・価値観を探ろうとしています。

面接で「今の学部・学科を選んだ理由」を質問された時の的確な答え方

1.なんとなく…はNG!

ほとんどの学生は、学部を選んだ理由について「なんとなく…」「受かった中で一番良さそうだったから」という人が多いでしょう。しかし、学部を選んだ理由に「なんとなく‥」で答えてしまうと、「この学生は仕事選びも『なんとなく…』で決めているのでは?」と仕事への意欲を疑われてしまいます。

2.目的意識を語ろう

例文のように「こんな目的があったので、この学部を選びました」と説明すれば、「目的意識を持って行動できる人」だという印象を面接官に与えられます。「将来はこんなことがしたい!」という夢があり、それを達成するために現在の学部を選択した…という形で語れれば、ベストです。

「なぜその学部を選んだか?」目的意識をベースに説明してください。

3.学部を選んだ理由を思い出せないなら、現在の実感から考える

学生の中には「選んだときは、目的意識なんてなかった。なんとなく偏差値がよかったから決めただけ」「大学の学部を片っ端から受けて、受かった所が現在の学部」という人も多いでしょう。そういう方は、「目的意識?ないよ!」と感じるかもしれません。

そんな時は、大学で実際に授業を受けてわかった「その学問の魅力」を元に、目的意識を語ると良いでしょう。

たとえば、英文学部になんとなく入ってしまった学生なら、大学入学後に感じた「英文学を学ぶことは、その言語圏に住む人の思考のバックグラウンドを学ぶことにつながる」という魅力をもとに、

例文
英語圏の人とコミュニケーションをとるには、語学だけではなく、その考え方のバックグラウンドも理解する必要があると感じ、現在の学部を選択しました。英文学には、その時代の空気・考え方が如実に現れます。たとえば、イラク戦争以降の現代アメリカ文学は「正義」について非常に懐疑的なニュアンスが示されています。文学を通して、言葉だけでなく、その言葉を使う人の思考のバックグラウンドも理解することで、より良いコミュニケーションをとれるのではないか?と感じ、現在の学部を選択しました。

このように「目的意識バリバリ」の回答をつくりあげることができます。学生時代を過ごして感じた「学部の魅力」をもとに、「学部を選んだ理由」をつくりましょう。

4.ビジネスに関係が無さそうな学部は「ビジネスにも役立てられる」とアピールしよう

就職実績から見ても「文学部」系の学生は、就職活動で不利になっていることがわかります。たとえば、東京大学の文学部と慶応の商学部でいうと、慶応の方が遥かに就職実績が良いほどです。

しかし、諦めてはいけません。説明の仕方次第でこの不利を挽回できます。それは「こんな視点はビジネスに役立つ」と説明すること。たとえば、例文では、

学生時代に身につけた「語学力」「異文化理解力」はビジネスにも活かせると思います。

このように「学部で学んだことは、ビジネスにも活かせる」と語るわけです。ビジネスに活かす視点を語れば、学部の不利を挽回できます。

あなたが内定する可能性が高い会社を見つける方法

就活で思うように結果が出ず、悩んでいませんか?ただ、内定のために受ける会社を増やそうとしても、どこを受ければいいのかわかりませんよね。

そこで、プロフィールを登録しておくだけで、内定する可能性の高い「あなたを求めている」企業に出会えるツールをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
5月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。