簡単!面接で「学生と社会人の違い」を聞かれた時の的確な答え方

imasia_14122539_S

就活の面接で「学生と社会人の違いは何だと思いますか?」「社会人に対して、どんなイメージを抱いていますか?」と質問されることがあります。

いきなり「学生と社会人の違い」を質問されても、どう答えていいかわからず、戸惑ってしまうかもしれません。そこで、わかりやすい例文をもとに、この質問への回答法を徹底的に解説いたします!

「学生と社会人の違いは何だと思いますか?」への回答例

まず先に回答例を見てみましょう。回答例を先に読んだ方が、「学生と社会人の違い」を上手く答えるコツが直感的に掴めると思います。

例文

学生と社会人の違いは「価値を提供する」ことだと思います。

学生時代にインターンをしていた会社で、社長から「お金を貰って働くからには『今、自分はどんな価値を場に提供しているか』を考えろ」と教えられました。

学生は言われたことを受動的にこなしていれば誰にも文句を言われませんが、社会人は「今、自分の提供している価値は何か?」を考えて能動的に行動しなければならないと思います。

私も、社会人として「今、自分は会社に、お客様にどんな価値を提供できているのか?」を常に考え、行動していきたいと考えております。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

【質問の意図】企業が「学生と社会人の違い」を質問する理由は?

そもそも、なぜ人事は面接・ESで「学生と社会人の違い」を質問してくるのでしょうか?その意図を考えてみましょう。意図を押さえることで、的確な回答ができるようになるはずです。

学生から社会人になる覚悟があるかを確かめたい

学生と社会人では、責任、働き方、求められる仕事のレベル…全てが変わります。その違いに耐えられず、辞めていく若手社会人も少なくありません。そこで、この質問をして、学生が「社会人と学生の違いを認識し、社会人として働く覚悟があるかどうか」を確かめようとしているのです。

社会人として働くことに対する学生のイメージを確認したい

「社会人とは何か?」という問いへの答えには、あなたの働くことへの価値観が現れます。この質問に、「責任感」と答える人と、「成果が求められる」という人では、仕事への考え方が違いますよね。この回答への答えから、学生の価値観を探ろうとしています。



学生と社会人の違いを的確に答える3つのコツ

1.自分が社会人に対して抱いているイメージを率直に伝える

まず、質問は「学生と社会人の違いは何か?」ですから、まず「私は学生と社会人の違いはxxxxだと思います」と結論から回答しましょう。

あなたの考える「社会人像」を率直に答えればOKです。ただし、単純に「学生と社会人の違いは、責任感です」と安直に回答するのはやめましょう。学生時代のアルバイト・インターン経験を振り返り「社会人と学生の違いは何か?」改めて考えた上で回答してください。


2.学生生活から実感を語る

学生時代の経験から感じた「社会人と学生の違い」をエピソードを交えて語るとより優れた回答になるでしょう。たとえば、例文のように

学生時代にインターンをしていた会社で、社長から「お金を貰って働くからには『今、自分はどんな価値を場に提供しているか』を考えろ」と教えられました。学生は言われたことをこなしていれば誰にも文句を言われませんが、社会人は「今、自分の提供している価値は何か?」を考えて行動しなければなりません。

学生時代のアルバイト・インターン経験から感じた「社会人と学生の違い」を語ると、実感のこもった説得力のある回答になります。


3.社会人として、どのように働きたいか?抱負を語ろう

この質問は、「社会人として働く覚悟」を確認したいという意図があります。だから、回答の最後に「自分は社会人として、どうやって働きたいか?」抱負を伝えましょう。

仕事への前向きな抱負を語ることで、あなたの仕事への意欲をアピールできます。当然、面接ではプラスに働きます。

「学生と社会人の違いは何か?」を聞かれたら、

  • 学生と社会人の違いはxxだ
  • なぜそう感じたのか?(学生時代の経験から実感を語る)
  • 私は社会人として、こんな風に働きたい

この3点を押さえて回答しましょう。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。