面接で「あなたにとって仕事とは何ですか?」と聞かれた時の答え方

imasia_14777212_S

面接やエントリーシートで「あなたにとって仕事とは何ですか?」「社会人とはどのようなものだと思いますか?」と質問されることがありますよね。

実際に社会人として働いたことがないのに「仕事とは何ですか?」と聞かれても、答え方がわからず、戸惑いますよね。

この質問、どう答えるのが正解なのでしょうか?わかりやすい例文をもとに
「あなたにとって仕事とは何ですか?」と聞かれた時の答え方を徹底的に解説いたします!

「あなたにとって仕事とは何ですか?」と質問された時の回答例

まず、細かい解説に入る前に、「あなたにとって仕事とは何ですか?」と聞かれ時の回答例を見てみましょう。回答例を先に見た方が、回答法のイメージが直感的に掴めると思います。

例文

私にとって仕事とは「新しい価値を提供する」ことです。新規市場の開拓に携わるという意味だけでなく、日々の仕事でも、「より優れた方法」を見つけ出す意識で働くべきだと思っています。

このように考える理由は、学生時代のベンチャー企業でのインターンの経験です。そこで、社長に「どんな経験でも一工夫をすれば面白くなる」と教えられました。

たとえば、エクセルでのデータ集計作業でも、「その数字から何が見えてくるか」を考え、事業改善案を企画することが出来ると学びました。

貴社においても、「これでいい」と現状に満足せずに、「何か新しい価値を提供できないか」という視点を常に持ち、働きたいと考えています。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

面接で「仕事とは何か?」を質問する意図とは?

さて、そもそもなぜ企業は「あなたにとって仕事とは何ですか?」と質問してくるのでしょうか?質問の意図を考えてみましょう。意図を押さえることで、的確な回答ができるようになります。

仕事に対する価値観を知りたい

まず、第一に「仕事に対する価値観を知りたい」という意図があります。「仕事とは何か?」という質問への答えには、仕事に対する価値観が現れますよね。

採用するにあたり、その就活生が仕事にどんな価値観を持っている人なのか?を確認しようとしています。

価値観が社風と一致するか

同時に、仕事に対する価値観が自社の企業理念や社風とマッチするかを確認しようとしています。学生のの仕事への価値観と、社風がマッチしないと、入社後、モチベーションが下がってしまいますよね。

たとえば、「仕事とは挑戦である」と考えている人が、保守的なインフラ企業に入ったら、後々ミスマッチが生じてしまうかもしれません。

「仕事とは何か?」を質問することで、あなたの価値観が社風・企業理念とマッチするかを確認しようとしています。

「あなたにとって仕事とは何ですか?」の的確な答え方

1.即物的な回答はやめて、志の高さを示そう

この質問は、あなたの仕事に対する意識を問う質問です。だから、「お金のため」「生活のため」という答えは求められていません(たとえ、実際はそうだとしても)

例文のように、「〜をやりたい」と、前向きな志を示した回答を心がけてください。「生活のため」では、仕事への意欲を疑われてしまいます。

2.企業理念や社風を参考に「働く」を考えよう

この質問は、あなたの仕事に対する価値観と、自社の企業理念・社風があうかどうかを確認する意味でも、質問されています。ここで、大きなミスマッチがあると、「我社には合わないな」とマイナスに評価されてしまいます。

会社の企業理念や社風、採用HPで社員が語る「仕事のやりがい」などを参考に、社風とマッチする「働くとは何か?」への回答を考えましょう。

例文は、挑戦を重視するベンチャー企業への回答なので「挑戦」を重視した回答になっています。

3.過去の経験を交えて語るとベスト

この質問への答えは、自分の過去の体験から実感を交えて語ると、説得力がアップします。たとえば、例文では、ベンチャー企業でのインターン経験で感じたことを交えて「仕事とは何か?」を説明しています。

このように、過去の経験で「仕事とは何か?」を肉付けして回答すると、説得力のある実感のこもった回答になります

過去のアルバイト経験やゼミ・サークルでの活動経験を使い、自分なりの「仕事とは何か?」を考えてみましょう。

4.仕事への抱負を語ろう

最後に「貴社においても、〜という風に働きたい」と抱負を語ると、さらに良くなります。自分にとっての「仕事とは何か?」を説明した上で、「貴社でこんな風に働きたい」と述べれば、会社への入社意欲をアピールできます。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。