面接で業界志望理由を聞かれた時に的確に答える3つの秘訣

imasia_12746650_S

就活の面接で「業界志望動機」「業界志望理由」を質問されることがあります。志望動機については準備していても、「業界の志望動機」は用意していない学生が多いので、上手く答えられずに戸惑うかもしれません。

でも、大丈夫。わかりやすい例文をもとに、面接で業界志望動機を質問された時の答え方を徹底的に解説いたします!


面接で業界志望理由を質問された時の回答例

例文

私が銀行業界を志望するのは、企業経営のパートナーになり、企業の「底力」を引き出したいと考えているからです。

学生時代に、ベンチャー企業でのインターンで販促業務に従事し、「どんな売上増加施策をするにもまず資金」と、企業におけるファイナンスの重要性を肌で実感しました。その時から、ファイナンスを通して、企業の可能性を引き出せる銀行業に興味を持つようになりました。

銀行業界の中でも、地域の中小企業に寄り添い、経営を支援することができる地銀に特に興味があります。ファイナンスを通して、企業の可能性を引き出し、日本経済に貢献したいです。


【質問の意図】なぜ面接官は業界志望理由を質問するのか?

まず、そもそもなぜ企業は「業界志望動機」を質問するのか?その意図を考えてみましょう。質問の意図を理解することで、的確な回答ができるようになります。

仕事への本気度を知りたい

この質問は「業界の仕事そのものへの熱意」を確認したいという意図でされる質問です。学生の志望動機には「社風に惹かれて」「御社のOBに会い〜」「御社の製品が好きで〜」と、「会社への憧れ」レベルの志望動機が多く、「本当にこの仕事をやりたいという想いがあるのか?」が伝わりません。

「なぜこの業界なのか?」業界そのものへの動機を聞けば、学生がその業界の仕事に本当に興味関心があるか?を確認できます。その業界の仕事自体に関心がないと「業界志望動機」は説明できないからです。

企業は「業界志望動機」を質問して、就活生の「仕事そのものへの熱意」「業界そのものへの熱意」を確認しようとしています。

面接で業界志望理由を質問された時の答え方

1.「なぜその業界なのか?」「他の業界では駄目な理由」を考えてみる

業界志望動機ですから「なぜその業界なのか?」を簡潔に語る必要があります。まず、結論から「なぜその業界なのか?」を説明しましょう。

「業界への志望動機」を考えるには、「他の業界ではダメな理由」を考えると、上手くいきます。

たとえば、銀行業界の志望動機に「モノではなく、形のない商品を扱うことで、人間としての力が試される環境に魅力を感じる」という志望動機がよくあります。しかし、「形のないモノを扱う」業種は、コンサルティングでもいいし、商社でもいいし…他の業種がいくつも該当してしまいます。「業界志望動機」としては、あまり良くありません。

例文のように「企業のファイナンスを支えたい」なら、「他の業種では駄目な理由」になりますよね。「この業界志望動機は、他の業界では駄目な理由になっているか?」を考え、説得力のある業界志望動機を作成しましょう。

2.過去の体験・実感を交えて「なぜその業界なのか」を語れればベスト

「なぜその業界なのか?」結論だけ語っても、信用出来ない回答になってしまいます。だから、過去の体験をもとに、「なぜその業界なのか?」理由を語り、より説得力のある回答にしましょう。

たとえば、例文では「学生時代のインターン経験」を通じて「中小企業の切実な資金需要を実感→ファイナンスを通して企業を支えられる銀行」と「なぜその業界なのか?」を説明しています。

このように、過去の体験・実感を交えて、「なぜその業界なのか?」を説明すると、説得力のある回答になります。



3.業界で「挑戦したいこと」を加えて、熱意を伝えよう

リクルートの調査によれば、採用において重視される項目1位は「人柄」2位は「企業への熱意」です。企業への熱意をあらわすために、メッセージの最後に「仕事への抱負」を語りましょう。「仕事でこんなことにチャレンジしたい」という想いを語れば、あなたの熱意が伝わります。

例文のように「その仕事を通じて、どんな価値を社会に提供したいか?」を最後に述べてください。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。