面接で「入社後にやりたいこと」を聞かれた時の上手な答え方|例文あり

imasia_9331570_S

就活をしていると、面接やエントリーシートで「入社後にやりたいことは何ですか?」「入社指定からやりたいことはありますか?」「当社でチャレンジしたい仕事はどんな仕事ですか?」と質問されることがあります。

「入社後にやりたいこと」と聞かれても、すぐには思いつかず、回答に窮してしまいますよね。でも、大丈夫です。わかりやすい例文をもとに、「入社後にやりたいことは何ですか?」と質問された時の答え方を徹底的に解説いたします!

面接官が「入社後にやりたいこと」を質問する意図とは?

imasia_14777212_S

まず、なぜ企業は「入社後にやりたいこと」を質問するのでしょうか?質問の意図を考えてみましょう。質問の意図を押さえることで、的確な回答が出来る用になります。

「仕事内容への理解度」を確かめたい

「入社後にやりたいこと」を聞くことで、採用担当は「就活生が仕事内容を理解しているか?」を確認しようとしています。仕事内容をしっかり理解していなければ、「入社後に何をやりたいか?」はなかなか答えられないからです。

「入社後にやってみたいこと」を聞き、採用担当は「どのくらい仕事内容を理解しているのか?」をはかろうとしています。

「入社後やりたいこと」と「実際の仕事像」のミスマッチがないか?

就活生の「入社後にやりたいこと」と「実際の仕事内容」にミスマッチがあっては困ります。「俺のやりたい仕事と違う」と離職されては大変です。

だから、企業は「入社後にやりたいこと」を確認し、企業の仕事内容と就活生の「やりたいこと」の間にミスマッチがないかを確認したいのです。

「仕事に対する価値観」を知りたい

「どんな事をやりたいのか?」を聞けば、就活生の持つ仕事への価値観が見えてきますよね。たとえば、「新規事業に挑戦したい」なら、「挑戦的な仕事を好むタイプ」とわかります。

学生の仕事に対する価値観が自社の社風とマッチするかも、この質問を通して試されています。会社の社風を理解し、その価値観にそうような回答が求められます。たとえば、挑戦的な社風なのに、保守的なことを言えば、プラスには評価されません。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

面接で「入社後にやりたいこと」を質問された時の回答例

では、次に「入社後にやりたいこと」を聞かれた時の回答例を見ていきましょう。回答例を先に見ることで、「こう答えるのか!」とイメージが湧くはずです。オレンジの文字で回答のポイントも詳しく解説していますので、あわせてチェックしましょう。

例文
私は貴行で、法人渉外として中小企業向けの融資業務に携わりたいと考えています。
Point 結論先行で「やりたいこと」を具体的に答える

学生時代に、中小企業でインターンをした経験から、「どんな拡大戦略をとるにも、まず資金」と中小企業の資金需要の切実さを実感しました。

融資業務を通して、中小企業の底力を引き出せれば、地域を元気づけられると想い、中小企業向けの融資業務に携わりたいと考えています。
Point 「なぜやりたいのか?」を説明する。過去の体験と結びつけるとGood

また、中小企業融資の業務では、ゼミで学んだ財務の知識を活かせるのも理由の一つです。
Point 自分の能力はその仕事でどうやって活かせるか?を説明する

お客様に信頼される渉外となれるよう、現在は中小企業診断士の勉強を進めています。
Point 仕事のために「現在やっている努力」があれば必ず伝えよう

貴行での融資業務を通して、地域の中小企業の可能性を引き出し、地域を活性化したいです。
Point 最後にあらためて「仕事の目標」を語ろう

面接で「入社後にやりたいこと」を聞かれた時の答え方

imasia_14213983_S-2

1.仕事研究をみっちりこなし「働いている自分の姿」を想像してみよう

「入社後にやりたいこと」を聞くのは、「就活生が企業の仕事をしっかり理解しているか」を確認したいから。だから、できるだけ具体的に「その会社でやりたいこと」を回答する必要があります。たとえば、以下のように回答します。

例文
私は貴行で、法人渉外として中小企業向けの融資業務に携わりたいと考えています。

最低限、「職種・部署」「具体的にやりたい仕事」レベルまでは答えられるようにしましょう。

やりたいことについて、具体的に答えるには、「その会社の実際の仕事」をしっかり理解しておかなければなりません。会社の実際の業務を理解するためには、

  • OB訪問
  • 採用ページの「先輩社員インタビュー」
  • 業界研究本の「仕事研究」ページ

等が効果的です。これらのリソースを駆使し、「実際にはどんな仕事をするのか?」理解した上で、回答しましょう。

抽象的な回答は評価されない

よく就活生の「入社してからやりたいこと」への回答で、

社会人として、まず一人前になりたい
営業として一人前になりたい

このような回答があります。しかし、これは企業の仕事を知らなくても答えられる内容なので、あまり評価されません。志望度を疑われてしまうでしょう。

できるだけ具体的に「その会社で何をやりたいか?」を答えられるようにしてください。

2.過去のエピソードから「なぜそれがやりたいのか?」を語れると強い

単に「この仕事が素敵だから、やってみたい」という受け身の理由では、あまり評価されません。仕事への熱意があまり伝わらないからです。

「なぜその仕事をやってみたいか?」を過去の体験から語ると、説得力が増します。たとえば、以下のように過去のエピソードを交えて、「なぜその仕事をやりたいのか?」を語るのです。

例文
学生時代に、中小企業でインターンをした経験から、「どんな拡大戦略をとるにも、まず資金」と中小企業の資金需要の切実さを実感しました。融資業務を通して、中小企業の底力を引き出せれば、地域を元気づけられると想い、中小企業向けの融資業務に携わりたいと考えています。

と、過去の経験から「なぜ中小企業への融資業務がやりたいか?」を説明しています。このように、過去のエピソードをもとに「なぜその職種か?」を語れると、実感のこもった回答になるでしょう。

3.「自分の強み・経験を活かせる」が理由だと強い

「やりたい」理由について、「自分の強みが活かせるから」と言えれば、高く評価されます。企業が求めるのは「企業に貢献してくれる人材」です。

だから、「私はこんな強みがある。だから、この仕事がやりたい」と伝える方が、「なるほど、この学生は入社後に活躍してくれそうだ」と高く評価されます。

たとえば、「自分の長所」「語学能力」「資格」「ゼミの経験」など、自分の能力を使って、その仕事にどうやって貢献できるかを伝えましょう。

例文
また、中小企業融資の業務では、ゼミで学んだ財務の知識を活かせるのも理由の一つです。

例文では、ゼミでの知識を活かせると回答しています。このように過去にやってきたことで業務に活かせることがあれば、それにも言及しましょう。

4.目標のために現在取り組んでいる努力を伝えられると高評価

「入社後にやりたいこと」に向けて、現在やっている努力があれば、必ず伝えてください。実際に目標に向けて努力していることを示せれば、「やりたいこと」に対するあなたの本気度が伝わります。「志望意欲」において、とても高く評価されますし、向上心もアピールできます。

たとえば、「中小企業の融資に携わりたい」が目標なら、以下のように「そのためにやっている努力」を語ります。

例文
現在は中小企業診断士の勉強を進めています。貴行での融資業務を通して、地域の中小企業の可能性を引き出し、地域を活性化したいです。

このように「入社後にやりたいこと」に向けて努力している姿勢を伝えています。目標に向けて努力していることがあれば、必ずアピールしましょう。回答の説得力が倍増します。

5.企業の方向性と外れた「やりたいこと」は評価されない

「入社後にやりたいこと」は、企業の経営方針とズレがないようにしてください。たとえば、企業がこれから縮小させようとしている事業への熱意を語っても、「その事業は人員削減中で、この学生を配属させることは難しい。入社後にモチベーションが低下しないか心配だ」とマイナスに評価されてしまいます。

「入社後にやりたいこと」は、企業がこれから注力しようとしている事業・部門と一致するようにしてください。

また、人事や総務、経理などの間接部門は、採用人数が少ないので、「やりたいこと」として挙げないようにしてください。採用人数が少ないので「やりたいと言われても、採用枠がないしなぁ」と思われてしまうだけです。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。