人事に聞いた!面接の自己アピールで伝えるべき5つの要素

面接を通過し、企業から内定を獲得するには、企業に響く自己アピールをしなければなりません。当たり前のことですよね。

しかし、本当に「企業が学生に何を求めているか?」を答えられるでしょうか。残念ながら、ほとんどの学生は企業が求めているものを勘違いして的外れの自己アピールをしています。たとえば、サークルやボランティア経験をPRする。これらを重視しているのは全体の10%程度に過ぎません。

では、学生に何を求めているのか?どんなことをアピールするべきなのか?を解説してきます。

企業は採用で何を重視しているのか?

企業が学生に何を求めているのか?については、そのものズバリを調査したデータがあります。まずは、リクルートが1305社に調査した「企業が採用で重視することと、学生が面接でアピールスる項目」のアンケートを見ていきましょう。

リクルートの調査でわかった学生と企業の意識ギャップ

※スマートフォンの方はピンチで画像を拡大できます。

スクリーンショット 2014 11 17 14 06 17

企業は「人柄」「熱意」「可能性」を重視しているのに対して、学生が主にアピールしているのは「アルバイト経験」「所属クラブ・サークル」「人柄」「趣味・特技」の順です。しかし、アルバイトは2割、・サークルは1割、趣味特技は1割以下の企業しか採用で重視していません

つまり、就活生は、的はずれな自己アピールをしているのです。

HRプロの調査でわかった企業が学生に求めている力とは

Chart03

こちらは、人事採用コンサルティング会社の「採用する学生に求める能力は何ですか?」というアンケート結果です。

一位はコミュニケーション能力。二位は前に踏み出す力。三位は社会常識。四位はチームで働く力。基礎的な学力、目標達成指向と続きます。

専門的な知識はあまり重視されていないことがわかりますね。だから、「学部が業務と関係がないから…」と気にすることはありません。

つまり、何が大事なのか?

され、これらの調査結果から学生は何を読み取るべきなのでしょうか?それは

  • 現時点での実力・実績は重視されていない
  • これからのポテンシャルが大事

という点です。「サークル経験」「アルバイト」「ボランティア」「ゼミ」「専門知識」…これらは全て「現時点での実績」に関する項目ですよね。

一方で、リクルートの調査であがっている「人柄」「熱意」「可能性」は「ポテンシャル」に関する項目です。

学生の時にどれだけ活躍をしていようと、社会人からすれば大したことがありません。「●●円の協賛を集めました!」といっても、社会人からすれば数日であげられる売上だったりします。学生同士には、ほとんど実力の差がありません。

だから、「人柄」「熱意」「可能性」のようなポテンシャルに関する項目が重視されているのですね。また、HRプロの結果を見て、専門技能よりも、コミュニケーション能力や前に踏み出す力のような、「人間力」に近い要素が試されていることがわかりますよね。

だから、自己アピールで「こんなすごい結果を出しました」「こんな役職でした!」とアピールしても、全く上手くいかないのです。結果メインで語ると「大したこと無いじゃん」と思われてしまう。そうではなくて、活動を語ることで「人柄」「可能性」を伝えるのです。

では、どうすれば「人柄」「熱意」「可能性」を伝えられるのでしょうか?ポイントを解説してきます。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート
SPI image
自分の『就活力』を試してみる

1.人柄をアピールするために

ここまでの文章を読んで、何か違和感を覚えた人は察しがいい人です。あなたの疑問はこうではないでしょうか?

「あれ、企業は学生のサークル活動やボランティア経験、ゼミには興味がないはずなのに、なぜ『学生時代に頑張ったこと何ですか』と聞くんだろう?」。

サークル活動やボランティア経験を重視していないのに、「学生時代に打ち込んだ経験」を聞くのって変ですよね。だって、「学生時代に打ち込んだ経験」を話すと、必然的に、アルバイトやサークル、ゼミ、ボランティアの話になるからです。

でも、違うんです。企業は「学生時代に頑張ったこと」自体に興味があるのではなく、何かに真剣に取り組むあなたの姿勢を見ることで、「あなたの人柄」を測ろうとしているのです。

あることに真剣に取り組むと、その人の人柄が出ます。たとえば、「●日までに100万円の協賛金を集める」という課題に対して、「分析力があり思慮深い人」と「ストレス耐性が高く、行動力のある人」では、まるでアプローチが違うはずです。

このように、物事に真剣に取り組む過程を見れば、その人の人柄が推し量れます。だから、企業は必ずと言っていいほど「学生時代に頑張ったこと」を聞くのですね。

人柄を上手く伝えるためには、あらゆる角度から「学生時代に頑張ったこと」を掘り下げ、面接官のどんな質問にも答えられるようにしておかなければなりません。

具体的には、

  • 打ち込んだ活動をひとことでいうと何か?
  • なぜ取り組もうと思ったのか?始めた動機は?
  • 活動の中で、一番真剣に取り組んだ課題・問題は?
  • なぜその課題に取り組もうと思ったのか?
  • その課題を解決するために、あなたは何をしたのか?
  • なぜその対処法を選んだのか?
  • 行動した結果はどうだったか?
  • この活動から、あなたは何を学んだか?どんな影響を受けたか?

最低でもこれらのポイントはスラスラと答えられるようにしておきましょう。大事なのは「結果」ではなく、その活動に取り組む「プロセス」から見える「あなたの人柄」なのですから。

2.前に踏み出す力をアピールするために

「最近の若者は優秀だけど、自分からは行動しないマニュアル人間だ」とよく言われます。実際にそうかどうかは知りませんが、少なくとも企業はそう思っているわけです。

だから、自己アピールをするときに「なぜそれをしたのか?」を語れるようにしておきましょう。

たとえば、「塾講師のアルバイトを頑張りました」とだけ話すよりも

「塾講師のアルバイトを頑張りました。始めようとしたキッカケは、人前でうまく話せないという欠点を克服するためです。集団塾の講師のアルバイトをすれば、毎日人前で話すことになるので、自分の弱みを改善できると考えました。しかし、最初は上手くいかず〜

このように語れば「自分の弱点を克服するために前に踏み出す向上心のある人間」というアピールにつなげられるでしょう。

ただ「頑張りました!」と言うだけでなく

  • そもそも、なぜ始めようと思ったのか?
  • ある課題に取り組んだ場合、なぜその課題に取り組もうと考えたのか?

を答えられるようにしておきましょう。間違っても「仕事だったから」とか「毎年やっているから」と答えないように。

「あなたがなぜ行動したのか」を理由付け語り、主体性、前に踏み出す力をアピールしてください。

3.チームワークをアピールするために

自己アピールで話すエピソード選びには「チームワークのアピールにつながるか?」という視点が必要です。というのも、仕事は一人ですものではないから、「周りの人と上手くやれるか?」が採用でも重視されます。

チームワーク力を伝えるためには、エピソードに以下の点を盛り込む必要があるでしょう。

  • 自分ひとりで頑張った経験よりも、組織の中で行動した経験を選ぶ
  • 組織の中で、人の協力を得るために、どんな働きかけをしたのか?を伝えられるようにしておく
  • 人間関係で困ったのはどんなことか?それを解決するために何をしたか?

自己アピールで、これらのポイントを語れるようにしておくと、「なるほど、組織で活躍してくれそうだ」と面接官を惹きつけられるでしょう。

4.目標達成思考をアピールするために

主体的に目標を掲げ努力する人間を嫌う企業はありません。だから、エピソードの中で「自分なりにどんな目標を掲げたのか」を含めてみましょう。

たとえば、同じコンビニのアルバイトを頑張った、という経験でも、

お金をもらっているからには頑張ろうと考え、アルバイトに真剣に取り組みました

というよりも、

ただ、アルバイトをやっているだけでは面白く無い、と考え、自分の担当している時間帯の売上を曜日別でトップにしようと思い、アルバイトに取り組みました

では与える印象が違いますよね目標を掲げ努力できる人は「今後の可能性」においても高く評価されるでしょう。

とはいっても、「うーん、そんな具体的な目標なんて掲げていなかったよ…」と戸惑うかもしれませんね。多くの就活生がそうでしょう。そんな時は、

自分が活動を始めた時に抱いていたぼんやりとしたゴール像を言語化してみる

ことを意識すると、活動を始めた時に抱いていた目標を上手く言語化出来るはずです。


5.今後の可能性をアピールするために

今後の可能性はどうやってアピールすればいいのか?これは簡単です。たった一つの点を自己アピールに含めればいいだけです。それは、

自分の能力は御社で〜という形で活かせる

これだけ?と思うかもしれませんが、意外と就活生はできていません。たとえば、「成果にこだわり努力する姿勢」が強みだとして、

成果にこだわり努力する姿勢が私の強みです。この長所を最もはっきしたのが学園祭の協賛金集めの活動でした。学園祭を成功させるにはnn万円の協賛金を集める必要がありました。しかし、〜という学生のスキャンダルが直前にあったせいで〜(以下略)このように厳しい状況でも諦めず、成果を出すためにこだわり抜くのが私の強みです。

さて、「あれ、悪くないんじゃ?」と思うかもしれません。ですが、以下なら、もっと良い自己アピールになります。

成果にこだわり努力する姿勢が私の強みです。この長所を最もはっきしたのが学園祭の協賛金集めの活動でした。学園祭を成功させるにはnn万円の協賛金を集める必要がありました。しかし、〜という学生のスキャンダルが直前にあったせいで〜(以下略)このように厳しい状況でも諦めず、成果を出すためにこだわり抜くのが私の強みです。

御社の注力されている、個人向け投信の営業では「数字にこだわり抜く」資質が何よりも重要だと貴社OBの●●様から伺いました。私の「結果を出すまで努力し続ける」力は、そんな貴社の業務でこそ活かせると思います。

この自己アピールは「志望企業の業務ではどんな資質が重要か?」「それを私は持っている=だから活躍できる」というところまで落とし込んでいますよね。

ただ、「私はこんなことができます!」といっても、面接官には「で?それがウチにとってどんな意味があるの?」と思われてしまうでしょう。

しかし、上の例のように「御社の業務でこんな風にいかせる」というところまで落とし込めば、面接官はあなたが活躍する姿をイメージできますよね。「今後の可能性」を感じてくれるわけです。

どちらが内定に有利かは言うまでもありません。

人気企業100社の内定者ESが無料で読める!就活生が読むべき神ES回答集
imasia_15025085_S-1

ESの書き方がわからず、「このESで本当に大丈夫なのかな…」と不安になっていませんか?一生懸命にエントリーシートを書いても、なかなか自信を持てないものですよね。

けど、心配いりません。エントリーシートの書き方がわからない時は、内定者のESを参考にすれば良いのです。

就活サイト「キャリアパーク」では、「人気企業100社の内定者ES回答集」が今だけ無料でダウンロードできます。金融、メーカー、商社、コンサル…主要な人気企業のESがほぼ網羅されているので、参考になるESがきっと見つかります。

難関企業の選考を勝ち抜いたESには、必ず学ぶべきものがあります。内定者ESを先に読んでおくのとおかないのでは、大きな違いが生まれるはず。

内定者のESを参考にして、書類選考を突破しましょう。

内定者のESを閲覧する

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
人気企業100社の内定者ESが無料で読める!大学3年生が読むべき神ES回答集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。