みんな勘違いしている!面接で絶対に伝えるべき3つのこと

imasia_13019429_S

面接に通過するためには、企業がどんなことを面接で重視いるのかを気にしなければなりません。しかし、多くの就活生は企業が重視していることを全く無視して的外れのアピールをしているのが現状です。

リクルートの調査でわかった「企業が本当に重視していること」と「学生が大事だと勘違いしていること」を解説していきます。

企業と学生のギャップを理解し、適切なアピールができるようになりましょう。

え?サークルの経験を重視している企業は11%だけ!?

多くの就活生は「サークルの経験」が重視されていると考えて「私はサークルをこんなに頑張りました!こんなに凄いことをしました!」とアピールします。しかし、リクルートが1305社の企業に「採用で重視する項目は何か?」と聞いたアンケート結果によれば、

スクリーンショット 2014 11 17 14 06 17

このグラフのように「サークル経験」を重視しているのは11%に過ぎません。

企業が重視しているのは「人柄89.4%」「企業への熱意78.3」「今後の可能性69.9%」ですが、学生がアピールしているのは「アルバイト経験47.7%」「サークル・クラブ33.9%」「人柄36.9%」「所属ゼミ17.4%」となっています。

概して、学生は企業が「どうでもいい」とあまり重視していない項目(サークル・ゼミ・趣味特技)をアピールし、大事だと考えている「企業への熱意」や「今後の可能性」をほとんどアピールしていないのです。

企業が面接で見ているのは「人柄」「企業への熱意」「今後の可能性」。しかし、就活生はそのことを知らずに「サークル経験」や「ゼミ」「ボランティア」をアピールし、面接に失敗してしまうのです。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

大事なのは「入った後に活躍してくれるかどうか」

さて、なぜ企業はサークルやゼミ、ボランティアは気にせず「人柄」「熱意」「可能性」を重視しているのでしょうか。

それは企業が採用で一番重視しているのは「入社した後活躍してくれるかどうか」と「一緒に働きたいかどうか」だからです。

学生の時点では、みな能力に差はありません。サークルのリーダーだったとしても、それがビジネスにすぐに活きるわけではないからです。だから、現時点での実績に関する「サークル」「ゼミ」「ボランティア」「海外経験」はどうでもいいのです。

大事なのは「入社した後活躍してくれるかどうか」です。

入社した後活躍するには「企業に本気で入りたい人か?」「今後の可能性」が必要になってきます。また、ずっと一緒に働く仲間ですから、「同じチームで働きたいか」に関する人柄もとても重要です。

つまり、企業が気にかけているのは「入社後のポテンシャル」であって「現時点での実績」ではないのです。しかし、学生はサークル活動やアルバイトの話をし「現時点での実績」をアピールしてしまう。すると、あなたの良さが面接官に伝わらず、面接に落ちてしまうのですね。

人柄をアピールするために面接で伝えるべきこと

人柄とは、簡単に言えば「あなたがどういう人間か?」です。自分がどういう人間かを伝えるには「学生時代に頑張ったこと」をしっかり伝えるのが一番です。真剣に打ち込んだ経験には、あなたの良さ・ひたむきさが滲みでます。

たとえば、レジ打ちのバイトだとしても、真剣に「効率的に業務をこなすために、こんな工夫をしていた」とあなたなりの工夫・取り組みを伝えれば、魅力的なアピールになるのです。

繰り返すように「経験自体」は大事ではありません。大事なのは、「学生時代に頑張ったこと」そのものではなく、そこから見えてくる「あなたらしさ」です。

行動のプロセスを詳しく伝えれば、「人柄」が伝わる

だから、「こんなに凄いことをしました!こんな結果を出しました!」とアピールするのではなく、「こんなことを考えて取り組み、こんなことを考えて行動しました」という「思考・行動のプロセス」をこそ伝えるべきなのです。

「学生時代に頑張ったこと」から「思考・行動のプロセス」を伝えるには、以下のポイントを意識するべきです。

  • 取り組んだ活動をひとことでいうと何か?
  • なぜ取り組もうと思ったのか?始めた動機は?
  • 活動の中で、一番真剣に取り組んだ課題・問題は?
  • なぜその課題に取り組もうと思ったのか?
  • その課題を解決するために、あなたは何をしたのか?
  • なぜその対処法を選んだのか?
  • 行動した結果はどうだったか?
  • この活動から、あなたは何を学んだか?どんな影響を受けたか?

ただ、結果だけをアピールしても意味がありません。上記のポイントを心がけて、物事に取り組んだ思考・行動のプロセスを語り、あなたの人柄を面接官に伝えましょう。

熱意をアピールするために面接で伝えるべきこと

「企業への熱意」は8割近い企業が重視しているのに、2割ほどの学生しかアピールしていません。企業が採用したいのは「本気で自分の会社に入りたい人」です。本気度が伝わる志望動機を述べられなければ、内定は遠のくばかりです。

では、どんな志望動機をつくればよいのでしょうか?

「会社を褒めるだけ」の志望動機は避けよう

避けるべきは、「会社褒め」志望動機です。会社を詳しく調べて「ここが良い。ここが良い」と言っているだけの志望動機が「会社褒め志望動機」です。たとえば、以下が「会社褒め」志望動機の典型です。

私が貴社を志望するのは、貴社の「顧客第一の衣類を開発する」という企業理念にひかれるからです。貴社は、まだ市場が未成熟の段階から、ファーストクロージングとう市場に着目し、特に女性に好かれる商品を開発してきました。特に、●●という製品では、まだ衣類に使われたことのなかった素材を使用し、市場にインパクトを与えました。そのような環境で働けば、自身を成長させられると感じ、貴社を志望しました。

会社で何がやりたいか?が伝わる志望動機をつくろう

「なぜあなたはこの会社を志望するのか?」が伝わらないからです。上の志望動機は、会社を調べさえすれば誰でもいえる志望動機で、差別化になりません。大事なのは、「なぜあなたはこの会社で仕事がしたいのか?」に答えること。たとえば、以下のようになります。

志望動機を教えて下さい 300文字(日立ソリューションズ…日立グループのシステム会社)

貴社を志望する理由は、貴社でなら、ITを用いてグローバルな製造業を効率化し、日本の産業競争力を向上させられると感じるからです。

私は大学での講義や実習でプログラミングを学び、プログラミングには自信があります。アルバイト先で、プログラミングを活かして簡単なマクロを組んだ所、従業員からとても感謝され、ITシステムの持つ課題解決の可能性を感じ、システム業界に興味を持ちました。

SI業界の中でも、貴社は、日立グループの情報通信における中核として、大規模ERPやCRMの開発に強いプレゼンスがあります。貴社でならITシステムを通して社会の課題を解決したい、という私の想いを実現できると感じ、貴社を強く志望しております

最初の志望動機との差が理解できたでしょうか?この志望動機は「会社で何がやりたいか」「なぜやりたいのか?」がしっかり書いてありますよね。「なぜやりたいのか」を人生の経験を元に伝えましょう。そうすれば、あなたにしか書けない志望動機ができます。

説得力のある志望動機の作り方

具体的には、以下のポイントを意識して志望動機をつくると良いでしょう。

  • 私が貴社を志望するのは、貴社で〜に取り組みたいからだ(目標・やりたいこと。出来るだけ具体的に)
  • なぜその目標に取り組みたいのかというと、〜といいう経験をしてきたからだ(目標の根拠)
  • その目標をかなえるには、〜業界が一番向いていると考えた(業界志望動機)
  • 業界の中でも御社は〜だ。〜という目標に取り組むには、貴社が一番だ(自分の目標と一致する会社の特徴を取り上げる)
  • だから、貴社を志望している(あらためて志望動機をまとめる)

このポイントを意識して、「熱意が伝わる」志望動機を作成しましょう。

今後の可能性をアピールするために面接で伝えるべきこと

企業が重視している項目の第三位は「今後の可能性」です。とはいえ、今後の可能性なんてどうやってアピールすればいいの?と戸惑いますよね。

簡単です。「入社後に自分の能力を業務でどう活かせるか」をアピールすればよいのです。一般的な学生の自己PRは、

私は「利害関係が対立するグループを上手くまとめる力」があります。その長所を活かして学生時代は(〜)この長所を活かして貴社に貢献したいです

で終わってしまっている。「長所」のアピールには成功しているけれど、その長所が会社でどう活かせるのか?を伝えられていません。「今後の可能性」を感じてもらうためには、その長所を会社でいかに活かすか?という視点で語ります。

私は「利害関係が対立するグループを上手くまとめる力」があります。その長所を活かして学生時代は(〜)。OB訪問にて、大規模なITシステムの開発を行う貴社の業務で、様々なパートナー企業とのチームワークが重要になると伺いました。私の「利害関係が対立するグループをまとめる」力は、効率的な協同体制を築き、チームをまとめていくのに役立てると思います。

このように語れば、面接官に「確かに、この学生の長所は我が社の業務で活かせるかもしれない」と、あなたの活躍する姿をイメージさせられますよね。

ポイントとしては、

  • 志望企業の業務では、どんな状況に直面するか?
  • そこで、自分の長所はどんな風に活かせるか?

を伝えられるようにしましょう。

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。