すぐ効く!面接で全く緊張しない人がやっている5つの習慣

imasia_14332578_S

大事な就活の面接。「これで志望企業の社員になれるかどうかが決まる」と考えると、どうしても緊張して、言葉につまったり、頭が真っ白になってしまいますよね。

しかし、頭が真っ白な状態では、面接で良い結果は出せません。

そこで、明日からすぐに出来る、面接で緊張しないためのコツを徹底的に解説していきます!

1.失敗してもいいやと考える

なぜ面接で緊張しやすくなってしまうのか。それは「失敗してはいけない」と考えるからです。「失敗してはいけない」と考えると、「今のちゃんと言えたかな?あ、ちょっとミスったな、どうしよう…どうしよう…」と、どんどん頭がパニックになっていく…

これを防ぐにはどうするか?「失敗してもいいや」と考えるのです。

「失敗してもいいや、ちょっと言葉につまってもいいや」と考えなおせば、少しの失敗をしても「後で挽回すればいいや」と大らかに構えられ、緊張しなくなります。

失敗はむしろプラスに働く

心理学の実験によれば「失敗はむしろ好感度につながる」こともわかっています。たとえば、実演販売を完璧にこなした販売員よりも、途中で何度もトチった販売員の方が聴衆からの好感度が高くなるのです。

失敗しても「よし、失敗!これで好感度アップやで!」程度にとらえて、失敗を恐れ過ぎないようにしてください。

2.緊張を恐れない

「あ、今、緊張している」と感じると、より緊張してしまうことってありませんか?「緊張している」と意識すると、意識が「緊張している自分」に集中してしまうので、より緊張してしまうものです。

「緊張してはいけない」と考える程、緊張する

「緊張してはいけない」と考えているほど、少しの緊張のサインを「緊張している、どうしよう」と重く受け止めて、さらに焦ってしまいがちです。

「シロクマのことを絶対に考えないでください。絶対にシロクマのことを考えないでください」と言われるとかえってシロクマが頭に思い浮かんでしまうように、「緊張してはいけない・緊張しては駄目だ」と考えていると、かえって緊張しやすくなるのです。

適度な緊張は、むしろプラスに働く

ヤンキーズドットソンの法則という、ストレス学の学説によれば「適度なストレスはむしろパフォーマンスを向上させる」ことがわかっています。多少の緊張なら、むしろあなたのパフォーマンスを上げるのですね。

だから、少しくらい緊張していたとしても「緊張しているな。これで最高のパフォーマンスができる!やった」と捉えて、緊張を恐れないようにしましょう。

「緊張しては駄目だ!」と考える程、緊張しやすくなります。「緊張しても、いいや」と構えて面接に臨みましょう。

3.丸暗記は絶対にしないこと

就活生によく、「メモ帳に言いたいことを全部書き出して、内容を丸暗記する」としている学生がいますが、やめましょう。

丸暗記をしようとすると失敗しやすくなるからです。要点だけを覚えるなら「2〜3個のPRの要点」だけを記憶すれば良いでしょうが、丸暗記をしようとすると『自己PRの一言一句』を覚えなくてはならなくなります。

丸暗記すると、ハードルがアガる

当然、ハードルは上がり、失敗する可能性が高くなり、「駄目だ…どうしよう」と面接で緊張しやすくなってしまうのです。

これを防ぐには「自己PRや志望動機の要点を箇条書きにしてメモに書き出す。それだけを覚える」ことです。箇条書きにする中で、話す内容も整理されていきますし、数個の要点を覚えればいいだけなので、緊張もしません。

丸暗記はせずに「要点だけを話せればOK」と考えて、面接にのぞみましょう。

4.とにかく場数を踏むこと

なぜ面接で緊張してしまうのか?それは場数を踏んでいないからです。何度も面接を受けていけば、「なんだ面接なんて大したこと無いじゃん」と落ち着いて受けられるようになります。

その心境に達するには、とにかくたくさんの企業の面接を受けていくこと。

2016年から大手企業の面接開始は8月1日になりますが、中小企業・外資系企業・ベンチャー企業はそれ以前から面接を行っています。これらの企業の面接に積極的に脚を伸ばし、面接の場数を踏んだ上で、大手の面接にのぞみましょう。

5.自分が輝いていた瞬間を思い出し、胸をはること

心理学者のソニア・リュボミルスキーによれば、人は「自分が活躍した瞬間・輝いていた瞬間」を思い出すだけで、ポジティブな気持ちになり、自信・自己肯定感が強まります。

面接の前に『自分が上手くやれた瞬間』『自分が活躍した瞬間』を思い出してみましょう。そうするだけで、自信が湧いてくるのがわかると思います。

別の心理学の実験によれば、「5秒間手を力強く握りしめる」だけで、自信をつかさどる男性ホルモン(テストステロン)が高まり、自己肯定感・自信が強まることがわかっています。

自信が高まれば、当然、面接で緊張しなくなりますよね。だから、面接前に

  • 自分が活躍した瞬間を思い出す
  • 思い出した後、力強く手を握り「やるぞ」と心のなかで叫んでみる

これを意識してみましょう。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がいよいよ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。