要注意!面接でお祈りフラグが立ってしまう5つの行動

imasia_14585960_S-2

面接でのお祈り。絶対に避けたいところですよね。しかし、面接を頑張っていても、知らずしらずに「お祈りフラグ」をたってしまっている場合があります。これに気をつけないと、どれだけ自己分析や企業分析を頑張っても、結果につながりません。

そこで、就活生がやりがちな「お祈りフラグ」をたててしまう5つの行動を解説していきます。

1.第一印象が悪い

私達は、注意深く観察しているように思っていても、びっくりするほど第一印象に縛られて人を評価してしまいます。

アメリカで行われた調査によれば「訓練を受けた面接官が2時間かけて面接しても、学生が面接の冒頭15秒のビデオを見て評価を下しても、評価は同じような傾向になる」ことがわかっています。

つまり、どれだけ注意深く面接しても第一印象に面接の評価が左右されてしまうのです。以下のポイントにしくじると、お祈りフラグがたってしまいます。

身だしなみ

スーツが汚れている、靴がスレている、髪型・ヒゲが不潔…など、身だしなみが悪いと、それだけで第一印象が悪くなります。事前に鏡を見て、身だしなみをチェックしてください。

入室時の印象

入室時の印象があなたの第一印象になります。だから、入室時の挨拶の声が小さかったり、お辞儀がしっかり出来ていないと、第一印象が悪化し、お祈りに一歩近づいてしまうでしょう。入室時のマナーについては、こちらのリンクをどうぞ。

面接官が入ってきても挨拶しない

挨拶は社会人の基本。学生が先に面接室で待っていて、面接官が入ってくるパターンの場合、必ず起立して挨拶してください。しないと「無礼な学生だな」と印象が悪くなってしまうでしょう。

2.コミュニケーションがとれない

相手が求めている反応ができない、相手との会話のキャッチボールができないと、面接官からの評価が低くなり、お祈りフラグが立ってしまいます。

相手が聞いていないことまで話しすぎてしまう

学生の中には、志望動機を聞いているのに、学生時代に頑張ったことを延々と語りだす学生がいます。聞かれていないことを話しても、相手も聞く準備をしていないので、聞いてもらえません。あなたのコミュニケーション能力に疑問符がついてしまうので、控えましょう。

相手が求めるレベルの量の回答が出来ていない

「志望動機を教えて下さい」「御社の経営理念に共感したからです」このように、相手の回答に一問一答的に短く回答して終わってしまう学生がいます。「志望動機を教えて下さい」「学生時代に頑張ったことは何ですか?」と面接官が聞いてきた場合は、しっかり60秒〜90秒程度で答えたいものです。

逆に、カジュアルな会話で進んでいる面接なのに、長々と回答すると「うーん、もっと自然な会話がしたいのに」と思われてしまう。

「この質問にはどのくらいの量の回答を返すべきか」を考え、適切なコミュニケーションをとりましょう。

3.論理的に会話できない

ビジネスの会話では「論理的であること」が非常に重要。これが出来ていないと、いかにも要領の悪い人間に写ってしまい、低く評価され、お祈りフラグがたってしまいます。

結論先行で話せない

ビジネスでは「要点から先に」がマナー。志望動機でも、自己PRでも、まず結論・要点から話さなければなりません。これができないと、「うーん、要領を得ない話し方をするな」とマイナスに評価され、お祈りフラグがたってしまいます。

「なぜ?」に答えられない

「サークルの合宿運営を効率化するために、〜というアイデアを実行しました」等とアピールをすると「なぜその方法を選んだのですか?」と深堀り質問をされることがあります。これらの質問に「なんとなく…」「それがいいと思ったから」と、要領をえない回答をすると、「この学生はビジネスの会話ができないな」と評価されてしまいます。自分のアピールや志望動機を「なぜ?」と聞かれても平気なように、しっかり固めていきましょう。

4.志望度が低いのを悟られてしまう

リクルートの調査によれば、企業が重視するのは「人柄」「今後の可能性」「企業への熱意」です。「人柄」「可能性」は抽象的でわかりにくいですが、企業への熱意は志望順位や志望動機を聞けばすぐにわかります。志望度を疑われると、どんな優秀な学生でもお祈りフラグがたってしまいまう。

第一志望と言わない

第一志望ですか?と聞かれて、「第一志望です」と答えなかったのなら、結果は覚悟しておきましょう。会社が欲しいのは「優秀で」かつ「会社に入ってくれる人」です。

第二志望と言ってしまう

正直に、「第二志望」「第三志望」と言わないようにしましょう。「まぁ、第一志望に受かったら来ないけど」と堂々言っている人を次の選考に進めいたと思う人はあまりいません。

第一志望群とかいってしまう

ごまかしているつもりで「第一志望群です」という人もいますが、やめましょう。「あ、第一志望です、とは断言できないんだな」と悟られてしまうからです。

5.ネガティブに反応してしまう

リクルートの「就職白書」によれば、企業が重視するのは「人柄」「今後の可能性」が圧倒的に上位です。面接で後ろ向きな反応ばかりしていると「後ろ向きだな、この子は大丈夫か」と思われ、「人柄」「今後の可能性」でマイナスになり、お祈りフラグが立ってしまいます。

わからないで終わらせてしまう

「当社の●●事業についてどう思いますか?」などの業務知識を問われると、すぐに答えられないことがあります。そこで「申し訳ありません。わかりません」とだけ答えるとマイナスに評価されてしまいます。「申し訳ありません。勉強不足でわかりません。次の機会までに勉強しなおしてきます」などと、前向きな反応をしましょう。

面接官に感想を聞いてしまう

学生の中に「僕の今日の面接はどうでしたか?駄目な点はありましたか?」と聞いてしまう学生がいます。気持ちはわかりますが、いかにも自信のない、後ろ向きな印象を与えてしまうので、控えましょう。

相手の目を見て話せない

学生の中に、自信がないのか、面接官の目を見て自己PRができない人がいます。しかし、「この学生は自信がないのかな?ネガティブなのかな?」と余計な先入観を与えてしまいますので、やめてください。

おわりに

基本的なポイントばかりだ!と感じたかもしれません。しかし、これらの基本的なポイントが出来ていないことで、損をしている学生はたくさんいます。自分の面接を振り返り、これらのポイントにあてはまることがないかを確認してみましょう。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がそろそろ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。