自己PRで資格取得経験をアピールするコツ5つ【例文あり】

imasia_15022831_S

自己PRで資格取得経験をアピールしたい学生は多いものです。しかし、TOEIC取得や簿記取得のアピールをする学生は非常にたくさんいるため、書き方に工夫をしないと、多くの学生の中で埋もれてしまいます。

では、どうすれば魅力的な「資格取得経験の自己PR」をつくることができるでしょうか?わかりやすい例文をもとに、大事なポイントを徹底的に解説いたします!


自己PR(資格取得)の例文

まずは、下記の例文を見てみましょう。言葉でコツを説明するよりも、完成形の例文を見た方がイメージがつかみやすいはずです。

自己PRの例文(資格取得)

例文
私は「逆境から立ち上がる力」に自信があります。

その力を発揮したのが、野球部退部後、3ヶ月で簿記2級を取得した経験です。

高校時代からピッチャーとして野球に打ち込み、努力の結果、大学では2年にしてレギュラーになることができました。しかし、練習過多がたたり、肩を壊し、選手生命が絶たれてしまいました。

最初は失意のドン底で何もする気が起きませんでした。しかし、「新たな目標を見つければ前向きになれるかもしれない」と考え、以前から興味のあった簿記の学習を始めました。部活で培った努力する力を活かし、1日6時間学習し、3ヶ月で簿記2級を取得することができました。現在は1級に向けて学習中です。

私は逆境の中にも新たな可能性を見つけ、自身を奮い立たせ、努力をすることができます。貴社でも、この強みを活かし、逆境にも負けずに努力を続け成果をあげていたきたいです。

自己PRの型

この自己PRは以下の型に従って制作されています。この型通りに、自己PRを構成するだけで、誰でもわかりやすい自己PRをつくれるようになります。以下の構成に従って、自己PRを構築しましょう。

Zikopr

1.要注意!企業は「資格」「語学」にはあまり興味が無い

さて、まず、資格取得経験について自己PRをする時に注意するべきことがあります。それは「資格や語学能力自体には、企業は興味を持っていない」ということです。

リクルートの行った調査「就職白書」によれば、企業が採用にあたり重視する項目1位は「人柄(90%が重視」2位は「熱意(78%が重視)」3位は「今後の可能性(70%が重視)」です。一方で、語学は15%、資格は13%の企業しか重視していません。

これを見ればわかるように「資格の実績」「語学の能力」自体には、企業はあまり関心がないのです。

だから、「簿記1級です!すごいでしょ!」というようなアピールをしても、企業には響かないのです。

企業が重視しているのは「その学生がどんな人なのか?」「どんな可能性を秘めた人なのか?」ということです。では、これらの項目を上手くアピールするには、どうすればいいのでしょうか?

2.実績を語るな!実績を通して自分を語れ

「人柄」「今後の可能性」を上手くアピールするには、「資格自体」を語るのではなく、「資格取得経験を材料にして、自分の人柄を伝える」ように意識することです。「資格を通して人柄を語る」とは、どういうことか?たとえば、

  • A…私はコツコツと地道な努力を積み上げることができます。その例としてTOEICの点数を500点から800点にあげた経験があります。
  • B…私は語学に自信があります。学生時代は、TOEICを500点から800点まで伸ばしました。

Bではなく、Aのように語る、とうことです。資格をとったこと自体ではなく、資格取得の過程を通じて、自分の努力する姿勢、向上心を伝えるのです。

資格は、あなたの実力・努力の客観的な指標になります。だから、資格を題材にアピールをすれば、「サークルで頑張りました!」のようなアピールよりも、説得力のあるアピールができるでしょう。

3.なぜ資格を取得しようと思ったのか?は必ず語ること

例文
しかし、練習過多がたたり、肩を壊し、選手生命が絶たれてしまいました。最初は失意のドン底で何もする気が起きませんでした。しかし、「新たな目標を見つければ前向きになれるかもしれない」と考え、以前から興味のあった簿記の学習を始めました。

さて、大事なのは「資格自体を語るのではなく、資格を通して自分を語る」ことでした。だから、「そもそも、なぜ資格を取ろうとしたのか?」は必ず触れておくべきです。

資格取得の動機を詳しく伝えると、魅力的な自己PRになる

なぜなら、「資格を取ろうとした理由」には、あなたの人柄が現れるからです
たとえば、例文でいえば、「挫折にもめげずに、前向きに努力する人柄」が伝わりますよね。

ただ、「中国語検定を頑張りました!」というよりも「将来は海外で働きたい。グローバルな規模でビジネスを考えると、中国語の習得は必須だと考え、学習をはじめた」の方が、圧倒的に「向上心」「意識の高さ」が伝わりますよね。

このように「なぜ資格を取得しようと思ったのか?」を具体的に伝えるとあなたの向上心や真面目さをアピールできます。必ず「なぜ取得しようと思ったのか?」を伝えるようにしてください。

4.「努力のコツ」を語ろう

「資格取得のために、具体的にどんな努力をしたのか?」あなたなりの努力のコツ、努力の過程を詳しく語ってください。努力するプロセスを詳しく説明すれば、地道に努力するあなたの人柄が伝わります。

例文
  • A…やるからには結果を出したいと思い、必死に努力した結果、TOEICを300点伸ばすことができました
  • B…教育実習の授業でスケジュールが厳しい中、学習を進めるために、以下の3つを実施しました。1.リスニング教材を持ち歩き、移動中は必ず聞く 2.10分空き時間があったら、問題集を開く 3.「毎日最低1時間」のノルマを課し、こなせなければ罰金として1万円寄付をする

AとBどちらが、その学生が「どんな人なのか?」が伝わってくるでしょうか。間違いなくBですよね。Bからは「コツコツ努力する姿勢」が伝わってきます。

難関資格を取得している学生は、自分なりの「努力のコツ」を持っている人が多いです。その「資格取得のためにやった努力」を詳しく語ると、あなたのコツコツ努力する姿勢が伝わる自己PRになります。

5.現在、勉強中の資格にも触れておくと説得力アップ

例文
1日6時間学習し、3ヶ月で簿記2級を取得することができました。現在は1級に向けて学習中です。

「現在、勉強中の資格」にも触れておくと、あなたの「向上心」「前向きに努力を続ける姿勢」が伝わります。アピールしたい取得済資格だけではなく、現在取得しようとしている資格も書いておくと、より魅力的なアピールになります。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がそろそろ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。