選考突破!履歴書の趣味・特技の書き方のコツ3つ|例文あり

imasia_1546376_S

履歴書の趣味・特技欄に何を書いていいかわからず困っていませんか?特技に「サッカー(県大会二位)」のようなものがある人はいいけれど、ほんとどの人がそんなわかりやすい趣味も特技もありませんよね。

そこで、普通の人のための、履歴書の趣味・特技の書き方を解説していきます。

履歴書の趣味・特技は採用の合否には関係がない

就活生からよく「この趣味は不採用になりませんか?」「この特技はネガティブな印象を与えませんか?」と質問されます。

その時の答えはいつもこうです。「趣味・特技は合否にほとんど影響がないので、神経質にならないでください。何でもOKです」

スクリーンショット 2015 04 17 12 59 56

リクルートの新卒採用調査「就職白書2014」で、企業に「新卒採用において重視する項目は?」と聞いたアンケート結果では、

趣味・特技を採用にあたり重視する企業は全体の7.6%(全22項目中16位)でした。

ちなみに、この調査で上位にあがったのは「人柄89.4%」「企業への熱意78.3%」「今後の可能性69.9%」です。

あまり重視されていないので、趣味を「音楽鑑賞」「読書」のようなインドア系のものを書いても、落ちるわけではありません。

ただ、重視されていないといっても、空欄にしておくわけにはいかないですよね。では、どんな点に注意して趣味特技欄を書けば良いのでしょうか?

趣味・特技で大事なのは「人柄」を伝えること

先ほど引用したリクルートによる「新卒採用意識調査」では、企業が重視する項目1位は「人柄」でしたね。趣味・特技を「自分の人柄」を上手く伝える道具として使うと就活は上手くいきます。たとえば、趣味が読書でも、面接で質問された時に

趣味は読書です。年間300冊ほど読みます。読書は自分に世界の新しい見え方を提供してくれるところが好きです。最近、ハマり込んでいるのは、進化心理学のジャンルで…

と熱く語れるなら、面接担当の印象に残りますよね。趣味の内容自体が重要なのではなく、「そこから自分の人柄を伝えられるか」が大事です。

履歴書の趣味・特技で重要な3つのポイント

人柄を上手く伝える趣味・特技の書き方では、意識するべき3つのポイントがあります。

具体的に書く

趣味は具体的に書く

  • ☓ 趣味 読書→◯ 趣味 読書(年間300冊)
  • ☓ 趣味 読書→◯ 趣味 読書(脳科学・進化心理学)

単に「読書」と書くだけでは、周りに埋もれてしまいます。しかし、「読書(年間300冊)」「読書(脳科学・進化心理学)」と、具体的に書けば、周りに埋もれませんし、面接官の興味を引けます。

趣味を書く時は「どのくらいハマり込んでいるか」や「その中でも、どんなジャンルが好きか?」を詳しく書いておきましょう。あなたの人柄がより伝わりやすくなります。


特技も具体的に書く

特技も趣味と同じように具体的に書きましょう。

  • ☓ 特技 サッカー →◯ 特技 サッカー(高校時代、県大会優勝)
  • ☓ 特技 柔道 →◯ 特技 柔道(二段)

特技を書く時に、ただ「サッカー」「柔道」と書いても、いまいち伝わりません。相手にあなたの特技を伝えるには「具体的な技能レベルがわかる内容」を書き添えると良いでしょう。

たとえば、例文のように、ただ「サッカー」と書かずに「サッカー(高校時代県大会優勝)」「柔道(二段)」と具体的に書いてください。採用担当の印象に残りやすくなります。

インドア系でもOK!自分が本気で語れる趣味・特技を選ぶ

インドア派なのに、無理をして「特技 フットサル」「趣味 登山」などとアウトドア系の特技・趣味を書いても、上手く行きません。嘘は見ぬかれますし、質問されても深く答えられないでしょう。

自分が熱くなれる趣味、自分が本当に自信のある特技を書きましょう。地味なのものでも、インドア系でも構いません。たとえば、

趣味 映画鑑賞(年200本)
趣味 散歩(毎日1時間)
特技 お菓子作り(レシピ100種以上)
特技 年配の方との会話術(介護施設でのアルバイト経験から)

このように、地味に思える趣味・特技でも良いので、自分が本気で語れるものを「具体的に」書きましょう。

単に、特技「お菓子作り」と書いていれば「はいはいよくあるやつね」とスルーされるでしょうが、「お菓子作り(レシピ100種以上)」「お菓子作り(チーズケーキ・ショコラ)」と具体的に量やジャンルについて書けば、「それってどういうこと?」と面接官の興味を引けますよね。

履歴書の趣味・特技欄は、本気で語れる趣味・特技を具体的に書きましょう。

ネガティブイメージのある趣味は避ける

「自分が本気で語れる趣味・特技」なら何でもOKです。ただし、ネガティブイメージのある趣味・特技は避けましょう。たとえば、

趣味:人間観察
趣味:パチンコ
特技:競馬の予想
特技:ナンパ

このように、「ギャンブルに関連する趣味・特技」や「暗い印象のある趣味」は、余計な先入観を与える恐れがあるので、やめておきましょう。

大手内定者のESが無料で読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活がいよいよ本格化。でも、就活サイトが多すぎて「どんな就活サイトを使えばいいのかわからない」と悩んでいませんか?就活を始めたばかりだと、「どのサイトが良いのか」もなかなか判断できず、困ってしまいますよね。

そこで、私も就活生時代に愛用していた、無料登録するだけで、大手内定者のESが10000枚以上読める神サイトをご紹介します。

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
無料で大手内定者のESが読み放題!18卒就活生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。