簡単!履歴書の特技の書き方の3つの秘訣【例文あり】

imasia_3010034_S

履歴書の特技欄、何を書いていいかわからず、困っていませんか?

剣道(三段)野球(県大会優勝)ピアノ(コンクール入賞)…のような特技がある人はいいですが、多くの人はそうではありませんよね。

「特技といえるものなんてない。何を書けばいいんだろう」と悩みますよね。でも、大丈夫。わかりやすい特技がなくても、採用担当に響く「特技欄」の書き方を例文つきでご紹介します。

特技欄の内容で合否は決まらない。あまり心配しないこと

まず、第一に知ってほしいのが「特技欄の内容は合否にあまり関係がない」ということ。だから、「特技 パチコン」のような「常識を疑われる内容」を書かない限りは、特技で不利になることはありません。

これは、リクルートの新卒採用調査「就職白書2014」です。企業に「新卒採用において重視する項目は?」と聞いたアンケート結果をグラフにしています。このグラフを見ればわかるように、

スクリーンショット 2014 10 28 15 59 49

趣味・特技を採用にあたり重視する企業は全体の7.6%(全22項目中16位)

趣味・特技は、ほとんど重視されていない

で、ごくごく一部の企業しか「趣味・特技」を重視していませんよね。この調査で上位にあがったのは「人柄89.4%」「企業への熱意78.3%」「今後の可能性69.9%」です。

だから、どんな特技を書いても、マイナス評価されるようなものでなければ、それで不利になることはありません。「特技 野球(甲子園出場)」と書けるような人がわずかに有利になるだけです。だから、あまり心配する必要はないのですね。

ただ、特技欄を空欄にするわけにもいきません。具体的に何を書けばいいのでしょうか?

採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3
今すぐ無料でダウンロード

採用担当に響く!特技欄を書く時の3つのコツ

具体的に書く

特技は具体的に書きましょう。具体的に書いた方が、採用担当に伝わりやすくなります。たとえば、

特技:野球

このようにただ書くだけだと、なかなか採用担当の心に響かないのです。具体的に書けば、伝わりやすくなります。たとえば、

特技:野球(県大会優勝)特技:野球(中学〜大学まで九年間)

このように書けば、「どのレベルの特技なのか」が採用担当に伝わりますよね。ただ、「特技:野球」と書くよりも、採用担当の心に響きやすいです。

コツとしては、

  • 実績を書き添えておく(県大会ベスト8など)
  • その特技に関わった時間を書いておく(〜年間など)
  • その特技の実力を証明する要素を書いておく(段など)

この3点を押さえておくと、特技のレベルがイメージしやすくなりますよね。特技の横に、特技のレベルがわかる内容を書き添えておきましょう。

小さなことでも良いので、本当に得意なことを探してみる

就活生はどうも「珠算」「柔道」「ピアノ」のような、わかりやすい特技を書かないといけないと思っているきらいがあります。しかし、「特技」に資格はいりません。ある意味言ったものがちです。

だから、「自分が胸をはれる小さな特技」でも良いので、それを書きましょう。たとえば、

特技:お年寄りとの会話術(介護施設のアルバイト経験から)
特技:クレーム対応(コールセンターのアルバイト経験から)

のような「わかりやすい資格や実績があるわけではないけれど、自分が自信を持っていること」を書きましょう。

就活で重視されるのは、「人柄」です。「珠算」と書くよりも「お年寄りとの会話術」と書いた方があなたの人柄が伝わるかもしれません。

わかりやすい特技でなくても良いので、「自分が胸をはれる特技」を履歴書の特技欄に書きましょう。


体育会でなくてもOK!本当の特技を書く

就活生には見栄を張って、本当の特技でもないのに「サッカー」「野球」のようなわかりやすい特技を履歴書の特技欄に書いてしまう人がいます。

しかし、特技自体は重要ではないので、そこで嘘をつくメリットはありません。嘘の特技を書いても、いざ質問された時に、深く語れず、人柄を伝える回答ができません。

「自分が胸をはれる特技」なら、面接でその点に質問された時に、熱く語れます。たとえば、

はい、私の特技はお年寄りとの会話術です。介護施設でアルバイトをしている際に、お年寄りとの対応をする中で身につきました。特に、意識しているのは「その人に誠実な関心をよせること」です。ただ傾聴するだけでなく「この人は80年の間、どんな人生を歩んできたのか」とワクワクしながら話を聞くと、みな、心を開いてくれました。人間関係をつくるには、まず、こちらから相手に誠実な関心をよせることが大事だ、というのが私のモットーです。

くらいに語れれば、企業が最も重視する「人柄」を伝えられると思いませんか?このように、「本当の特技」ならば、小さなことであっても、自信を持って深く語れます。

熱く語れば人柄が伝わり、面接で有利になるのです。「本当に自信が持てる小さな特技」で良いので、本当の特技を書きましょう。

この記事のまとめ

  • 特技は採用の合否とあまり関係がない。神経質にならず、本当に得意なことを書こう
  • 特技の横に()で「実績」「打ち込んだ期間」「段位」などを書いておくとわかりやすい
  • わかりやすい特技がない人は、「小さなことだけど、自分が本当に得意なこと」を書くと良い
採用担当が暴露!面接で使われる学生評価シートの中身とは?
評価シート_訴求広告枠_header3

面接の合否はどうやって決まっているか、知っていますか?

実は、企業の面接では、面接用の評価シートを使って、就活生の合否を決めています

就活サイト「キャリアパーク」なら、「面接で使われている評価シートの中身」が今だけ無料でダウンロードできます。

評価シートを読めば、「面接官は何を基準に、合否を決めているか」がわかるので、面接上で圧倒的に有利になります。

評価シートで、「面接の採用基準」を理解し、本番の面接を突破しましょう。

今すぐ無料でダウンロード

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
6月でも間に合う!大手企業から選考のオファーがもらえる神ツール

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。