【2016卒】押さえておきたい!就活の流れとスケジュール

imasia_12514614_S

そろそろ就活を始めなきゃヤバイかな…と思って準備をはじめようとしても、いつ、何をすればいいかわからず困っていませんか?

そこで、2016年卒の就活生のために、2016卒の就活の基本的なスケジュールと、就活の流れを解説してきます。

2016年卒以降の就活スケジュールはどう変わる?

以下の図表を見れば、就活の基本的なスケジュールがわかるとお見ます。

Scedule

大きなスケジュールの変更点

特に、重要なポイントとしては、以下の3つです。

  • ナビサイトからのエントリー解禁時期が12月1日から3月1日に変更
  • 面接選考の解禁時期が4月1日から8月1に変更
  • 内定式の時期は10月と、例年変わらない

です。つまり、簡単に言えば、「就活の選考スケジュールが4ヶ月後ろ倒しになった」「内定式の時期は変わらないため、選考期間が2ヶ月と非常に短くなる」ということになります。。

どんな影響があるのか?

さて、この変更によってどんな影響が出るのでしょうか?それは、

就活が超短期決戦化する

ということです。例年は、4月1日をスタートして、9月まで6ヶ月間選考が行われていました。しかし、今年は8月選考開始、10月に内定式と、選考期間が2ヶ月間と非常に短くなります。

例年ならば、4月〜5月の選考に失敗しても、6月〜9月までの選考で挽回可能でした。しかし、今年は8月〜9月の間に選考が集中し、後半での挽回がより難しくなってしまいます。だから、2016年卒以降の就活は「より失敗できない超短期決戦」といえます。

押さえておきたい!基本的な就活の流れ

以下では、スムースに内定をとるための、基本的な就活の流れ・進め方を解説していきます。

長期休暇(夏休み・冬休み)にはインターンシップに参加

もし、時間があるなら、大学3年の夏休み・冬休みにインターンシップに参加してみましょう。外資系のインターンシップで活躍すれば早期に内定をもらえますし、インターンシップ選考に参加するだけでも面接・グループディスカッションの練習になります。

自己分析・業界分析は2月までに仕上げておきたい

3月1日からエントリーを進めるためには、2月中には、自己分析・業界分析を済ませておく必要があります。最低でも、

  • 自己分析をして、自分の長所・適性・興味のある仕事を見つける
  • 業界分析をして、自分の働いてみたい業界を見つける

この二つを済ませておきます。志望業界が決まっていれば、3月になってからスムースにエントリーが進められます。

3月にエントリー解禁をしたら、興味のある企業にはどんどんエントリーしていく

3月1日にエントリーが解禁されたら、興味のある企業にはどんどんエントリーをしていってください。志望企業にエントリーをしておけば、「説明会の開催」等の選考情報を随時チェックできるようになります。

選考情報を逃さないために、早めにエントリーをしておきましょう。

説明会に参加し、企業研究を進め、志望企業を決めていく(3月〜6月)

説明会に参加しながら、「実際にエントリーシートを出し、選考に参加したい企業」を絞り込んでいきましょう。選考に参加する企業については、深い志望動機がつくれるように、しっかりと企業研究を進めていきます。

筆記試験の対策を済ませておく(4月中に済ませる)

早い企業では、5月下旬から6月上旬には筆記試験を課してきます。筆記試験に万全に準備するために、5月前には筆記試験対策を済ませておきましょう。

エントリーシート提出は6月〜7月

8月に面接解禁なので、多くの企業では、6月〜7月にかけて、エントリーシートの提出期限があります。また、大量のエントリーシートが寄せられ、選考に時間のかかる食品系企業は、エントリーシートの締め切りが5月と早いところもあります。

エントリーシート提出にそなえて、エントリーシートの内容をしっかり固めておきましょう。提出前に自分のエントリーシートの問題点に気づくために、キャリアセンターの職員等にエントリーシートの添削を依頼しておくとベストです。また、有料ですが、ネットでもエントリーシートの添削サービスがあります。

8月1日から面接解禁

8月1日から面接が解禁になります。エントリー数が少ないと、一気に面接で落とされて、持ち駒がなくなり、終了…という事態になりかねません。十分な持ち駒を用意して、8月以降の面接にのぞみましょう。

内定時期は9月に集中

一次〜三次面接が8月に行われ、9月の前半に最終面接。9月の中旬〜末までに大半の内定が出ます。

外資系企業・中小企業・ベンチャー企業は、8月前にも面接をする

「面接解禁は8月1日から」というのは、経団連の倫理憲章が定めたルールです。経団連に参加していない企業には、倫理憲章を守る理由がありません。したがって、経団連に参加していない、外資系企業・中小企業・ベンチャー企業は、8月前にも面接選考をし、内定を出します。

8月からの選考前に、これらの企業の選考を受けておくと、面接に慣れることができ、本番で結果を出しやすくなるでしょう。

2016年卒の就活対策まとめ

2016年卒以降の就活は、とにかく短期決戦が特徴です。のんびり構えていると、内定がとれないまま9月が終わり、10月までに内定がとれず…という事態になってしまうでしょう。

無内定を避けるためには、3月前にしっかり自己分析・企業研究を済ませ、志望企業をリストアップし、スムーズに就活を進める必要があります。また、面接試験に慣れておくために、8月前に面接を行っている外資・中小・ベンチャー企業の選考を受けてみることをオススメします。

就活の後半でも内定を狙うなら、「マイナビ新卒紹介」が使える

「就活を頑張りたいけど、もうエントリーできる企業がほとんどない…」と悩んでいませんか?就活の後半になると、企業がナビサイトでの応募を締め切るので、受ける企業がなくなり、困りますよね。

そんな就活生のために、就活の後半からでも納得のいく内定が狙える「マイナビ新卒紹介」をご紹介します。

「マイナビ新卒紹介」の詳細はこちら

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
内定者のESが無料で読み放題!大学3年生が登録すべき神サイト

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。