すぐに効く!グループワークで結果を出すための5つのコツ

imasia_9728972_S

多くの企業でグループワークは一次選考・二次選考として課されます。面接が得意でもグループワークは上手くできない…という就活生は多いものです。

でも、大丈夫。ちょっとしたことを心がけるだけでグループワークはぐっと上手くなります。すぐに効果のあるグループワークのコツを紹介します。

1.チームメンバーは「ライバル」ではなく「仲間」

よくある勘違いが「ライバルを蹴落とそうとしてグループワークに臨む」ことです。チームメンバーをライバルと考えて参加すると、「少しでも目立とう」「少しでも発言を増やそう」として、自己中心的にふるまってしまいがちです。当然、評価もされません。

グループワークで見られているのは「チームメンバーで協力しあって結論を出せるかどうか?」です。ライバルを蹴落とそうとして、攻撃的に振る舞う人は絶対に評価されません。

「チームで最良の成果をする」ことを目的にしましょう。そうすれば、「他人の意見をきちんと聞く」「発言できていない人に話をふる」「全員が合意できるアイデアを選ぶ基準を提案できる」…これらのグループワークで評価される振る舞いが自然と出来るようになります。

「全員一緒に合格する」と考えて、チームの力を引き出すように振る舞いましょう。

採用担当が直伝!グループディスカッションの立ち回り方マニュアル
GD_LPheader
GDの対策を始める

2.グループワークは始まる前から始まっている

グループワークが始まっても、他のメンバーに気圧されて、イマイチ発言できない、発言できずに終わってしまう…そんな悩みを抱えている就活生は多いものです。

どうすればグループワークで上手く発言できるようになるのか?簡単です。グループワークが始まる前に他のメンバーと雑談をしておけば良いのです。簡単な雑談をしておけば、チームメンバーもあなたに対する警戒が薄れますし、あなたに関心を向けやすくなりますよね。

すると、自然と会話が出来るようりなるのです。

「私のアイデアなんて大したことがない。否定されたらどうしよう」と思ってしまうのは、相手が「知らない人」だから。知らない人相手に自分の意見を言うのは誰でも緊張するものです。グループワーク開始前に、簡単な雑談をしておくだけで、チームメンバーが「知っている人」になります。驚くほど気軽に発言できるようになりますよ。

3.主導権を握るためのウルトラ簡単な方法

議論の主導権を握っていれば、グループワークが有利になるのは言うまでもありません。主導権を握れば、あなたの発言をメンバーが聞いてくれますし、あなた中心に議論が進むので、議論への貢献度も高まるからです。

では、どうやってチームメンバーへの自分の影響力を高められるのか?とても簡単です。「議論が始まったら、真っ先に発現すること」です。

え?ウソでしょ?と思うかもしれません。しかし、スタンフォード大学の研究によれば、簡単なグループ作業をした後、「誰があのグループのリーダーだったのか?」をメンバーに聞くと、必ず「最初に発言をした人」がリーダーシップを発揮していたという回答になったのです。

「最初に発言する」だけで、チームメンバーはあなたをリーダーだと認識します。最初に「まずは、議論のスケジュールを決めませんか?」と口火を切りましょう。

この発言は生産的ですし、どんな議論でも真っ先に使えるでしょう。議論のスケジュール決めはあなたを中心に進み、その後の議論もあなたを軸に展開するはずです。

3.議論はスタート地点の設定から始めよう

グループワークのテーマは曖昧なものが多く、議論のスタート地点を決めておかないと、議論がバラバラになるリスクがあります。

たとえば、「できる営業の条件を5つあげなさい」というお題があったとして「何を、誰に売る営業なのか?」で全然出るアイデアが違うと思いませんか?高額なITシステムを大企業に提案するソリューションセールスと、個人向けに投信を売る営業マンでは、必要な資質って違いますよね。

だから、最初に「営業」を定義しましょう。たとえば、

発言例

「そもそもどんな営業を想定する?」とチーム内で共有しておかないと、「飛び込み営業」を想定している人と「法人営業」を想定している人で、議論がかみあわなくなってしまうのです。だから、まずはそもそも、ここでいう「営業」とはどんなものなのか?定義してから始めませんか。

個人向けの営業、法人営業でも違いますし、何を売るのか、でも違いますよね。「誰に、何を売る営業なのか?」を設定してから議論をした方が生産的だと思うのですが、いかがでしょうか

と、議論のスタート地点を定めると、話し合いがまとまりやすくなります。


4.アイデアを選ぶ時に使える3つの軸

グループワークでは、グループ内で出たアイデアの中から「どのアイデアにするか」を選ぶ段階がありますよね。このフェーズで、リーダーシップを発揮し、議論に貢献する簡単な方法があります。

それは

発言例
「どれも素晴らしいアイデアですね。この中からアイデアを選ぶための基準をまず決めませんか?

ということです。アイデア選びの基準を定めないまま議論を進めると、「これがいい」「いや、あれもいい」と議論がまとまりません。

だから、「実行のコスト」「実行の容易度」「効果」のような、皆が納得できる評価基準を決めてから、アイデアの選定に入りましょう。議論の焦点が定まりスムースにアイデアが決まります。どの議論でも使える評価基準としては、

  • 費用
  • 実行のしやすさ
  • 実行までにかかる時間
  • 効果

等があります。とくに「費用」「実行のしやすさ」は合意を得やすい評価基準なので、積極的に利用していきましょう。

採用担当が直伝!グループディスカッションの立ち回り方マニュアル
GD_LPheader

グループディスカッションのやり方がわからず、悩んでいませんか?

グループディスカッションは「とにかく積極性が大事」「いや、出しゃばると落ちる」など様々な情報が出回っていて、どうすればいいかわからず困ってしまいますよね。

そんな時は、まず「採用担当はグループディスカッションをどんな基準で評価しているか」を押さえれば良いのです。

就活サイトの「キャリアパーク」では、採用担当に調査して作成した「評価されるGDの立ち回り方マニュアル」が無料でダウンロードできます。

採用担当の視点で「どういう就活生がGDで評価されるのか?」がわかるので、GD選考で圧倒的に有利になります。

グループディスカッションの評価基準を理解し、選考を突破しましょう。

GDの対策を始める

あわせて読みたい!殿堂入り記事ランキング

imasia_9065120_S1
人気企業100社の内定者ESが無料で読める!大学3年生が読むべき神ES回答集

就活が本格的にスタートしたけれど、志望企業があまり決まっておらず、困っていませんか?そんな就活生のために、プロフィールや自己PRを登録しておけば、企業からの選考スカウトが来る神ツールをご紹介します。

imasia_12756285_S2
説得力が違う!志望動機の書き方の5つの秘訣【例文あり】

志望動機は、就活の成否を分けるといっては過言ではないほど、重要なものです。しかし、説得力のある志望動機を書けている就活生はあまりいません。そこで、例文つきで、人事に響く志望動機の書き方をご紹介します。

imasia_14141661_S-2 3
採用される!エントリーシートの自己PRの書き方【例文あり】

自己PRが上手くかければ、エントリーシートの通過率はぐっと上がります。しかし、説得力のある自己PRを書けている就活生は、意外と少ないです。そこで、例文つきでどんな自己PRを書けば、書類選考を突破できるのか?徹底的に解説します。

imasia_13676025_S 4
これで万全!面接でよく聞かれる質問ランキングBEST50

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「自分を動物に例えると何ですか?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。

imasia_9331572_S 5
就活生必見!内定レベルの自己PRサンプル例文集

自己PRをどう書けばいいかわからない・・・と悩んでいませんか?そんな就活生のために、アピールしたい長所別に、内定レベルの自己PRサンプル例文集を用意しました。あらゆる長所ごとに例文を用意しているので、必ず参考になる自己PRが見つかります。